Sweets/製菓

2014年9月23日 (火)

Autumn Equinox Day & ohagi/秋分の日&おはぎ

Autumn Equinox Day is around 23rd September (today 23rd, this year), and the day is the middle of higan (a week-long Buddhist ceremony celebrated in Japan).  People clean family Buddhist altar, serve flower and water, invite Buddhist monks to read a sutra, and visit and clean family graves. This is the same with Spring Equinox Day and higan in March.  Buddhism teaches how to reach from shigan (this world, the agonies of life) to higan (the other world, nirvana). It’s said that rituals are held on Spring and Autumn Equinox Day when day and night are equally long, because Buddhism values middle of the road.  

People prepare for bota-mochi/ohagi for the day. Bota-mochi is for spring and ohagi is for autumn, because of the seasonal flower/plant; botan (tree peony) and hagi/ (bush clover). Some says koshi-an (sweet smooth bean paste) for bota-mochi and tsubu-an for ohagi. There’s no clear distinction between bota-mochi and ohagi. 

秋分の日は923日前後(今年は923日)で、は秋分の日を中心に前後3日間の合計7日間が彼岸です。家庭では、仏壇を掃除し、花と水を供え、僧侶に読経をしてもらい、墓参りをして墓石を掃除します。仏教は、此岸(生死の苦しみに迷う現世)から、彼岸(悟った涅槃の境地)に至ることを教えます。春分の日、秋分の日と結びついたのは、昼夜の長さが等しく、長短のない中道のときで、仏道も中道を尊ぶことから、このときに仏事を行うという考え方が生まれたと言われています。 

行事食は、おはぎです。春にぼた餅、秋におはぎというのは、季節の花・植物の名前をかけたものと言われていますが、ぼた餅はこしあん、おはぎは粒あんとも言われています。

Photo

2013年10月22日 (火)

Mineoka dofu/峰岡豆腐

Mineoka dofu (tofu) is called tofu but it’s not tofu. Tofu is made of soy, while mineoka dofu is of milk. Dishes using milk is sometimes named with mineoka in Japanese cuisine. Yoshimune Tokugawa, the 8th Shogun who ruled the country in the early 18th century, heard from a horse master that milk is good to cure his horses. He imported two Jersey cattle from India and kept them in Mineoka, Chiba (a prefecture adjacent to Tokyo), which is said the beginning of dairy in Japan. And milk was called ‘mineoka’ in Edo period (1603-1868).

This is another prototype for pudding for the November event. This pudding is made of milk, sesame paste, sugar and cream, and it’s served with homemade kuromitsu (Japanese sugar syrop).

 

峰岡豆腐は豆腐と名付けられていますが、お豆腐ではありません。豆腐の原材料が大豆であるのに対し、峰岡豆腐は牛乳で作られています。日本料理では、牛乳を使った料理に、「峰岡」の名がつけられることがあります。江戸幕府の8代将軍徳川吉宗が、馬の治療に牛乳が効果的と聞き、インドからジャージー牛を輸入、千葉県の峰岡で飼育し、これが日本の酪農の始まりと言われています。江戸時代では牛乳は峰岡と呼ばれていたそうです。

これは、どらやきに続き、11月のイベントのデザートの試作です。牛乳、練りごま、砂糖、クリームが主な材料で、自家製の黒蜜をかけて頂きます。

P1140252_2

 

2013年5月12日 (日)

Torte di ricotta/リコッタチーズのタルト

What is good about living in western countries in terms of foods is dairy products. They’re very nice and not expensive. It’s so in the U.K. too. I would say milk tastes much better in Japan, but other dairy products such as yogurt, cheese, etc are so delicious and not as expensive as in Japan. And there’re so many kinds. Different from when I was in Japan, now I don’t have to hesitate to buy ricotta and mascarpone that are often used for Italian cooking. 

There’re many recipes for the ricotta torte. This one has chocolate chunks and zest of lemon and orange. Refreshing flavor of citrus and sweetness of chocolates makes the simple taste of the cheese rich.

 

欧米諸国の食生活で嬉しいことは、乳製品が安く美味しいことです。イギリスでもそうです。牛乳は日本のほうが美味しいと思いますが、ヨーグルトやチーズなどは(日本と比べると)安いですし、種類も多く、美味しいです。日本にいた頃とは違い、イタリア料理でよく使うリコッタやマスカルポーネを買うのにも躊躇しません(笑)。 

リコッタチーズのタルトは数多くありますが、これはチョコレートのチャンク、オレンジとレモンの皮を混ぜて焼いています。柑橘類の爽やかさとチョコレートの甘味が、シンプルなリコッタをリッチにしてくれます。

1_8

2012年7月20日 (金)

Pavlova/パブロワ

Pavlova is a meringue-based dessert with whipped cream and fruits on top.  Meringe is baked in low temperature for one hour and not browned.  Cream is not sweatend, as merigne is already sugar-added.  Strawberries are used this time as they’re in season.  Mixed berries (strawberries, rasberries, brackcurrent, blueberries etc) would be nice too, while kiwi seems to be also a standard fruit, though.  Pavlova would be nice to prepare especially after custard cream is made and lots of egg white is left.

卵白を泡立て、低温でじっくり焼いたメレンゲを土台に、生クリームとフルーツを飾ったデザートがパブロワです。砂糖は生クリームではなく、メレンゲに加えます。今回使ったフルーツは(ヨーロッパでは)今が旬の苺ですが、ラズベリー、ブラックカラント、ブルーベリーなどを混ぜたミックスベリーでもいいですし、キィウィもスタンダードのようです。カスタードクリームを作って白身がたくさん残ったときなどにいいかもしれません。

P1110759

2012年5月18日 (金)

Rocky road/ロッキーロード

It’s a straightforward naming. I’ve met sweets that I’d fall in love but it’s dangerous if I get hooked. This café’s rocky road was nuts, mashmallows, biscuits, peanuts butter and chocolates.

分かりやすいネーミングです。そして、私がはまりそう、でも、はまると危険なお菓子に出会ってしまいました。このカフェのロッキーロードは、ナッツ、マシュマロ、ビスケット、ピーナッツクリームがチョコレートと混ざり合ったものでした。

P1110633

2012年5月17日 (木)

Pudding/プディング

Since I arrived in the U.K. two weeks ago, I’ve been so confused with “pudding”, because there seems to be so many kinds of “puddings” and it seems to me that they’re not consistent. What I know as “pudding” in my country is “custard pudding”, whilist rice/bread soaked in custard and baked in oven is pudding, Yorkshire pudding, which is for side dish and not sweet, is another type of pudding, and custard pudding that I know as pudding is also pudding. The other day my mother-in-law was using the word “pudding” as “dessert”, which made me even more confused. What I understand so far is; pudding is originated in the U.K. and there’re so many kinds of puddings (steamed, baked, sweet, unsweetened etc), and “dessert” is American English and “pudding” is still used as “dessert” here. (Therefore, it makes sense to British people, if it’s said like “I had apple pie for pudding (=dessert)”.

My husband showed me an example of pudding, using old bread. Ingredients he used were the same as French toast, and he baked it in the oven. The texture was moist, as the bread was soaked in custard sauce, and the taste was exactly the same as French toast.

 

渡英してまだ二週間ほどですが、「プディング」が指すものに統一感がなく、ずっと困惑していました。私にとっては、プディング=プリンで、あのカスタードプリンですが、お米やパンをカスタードに浸してオーブンで焼くのもプディング、お肉料理の付け合せによくあるヨークシャープディングもプディング、そして、あのカスタードプリンもプディング。先日、義母と話をしていると、プディングという言葉をデザートとして使っていたので、ややこしいです。今、頭で分かっているのは、「プディングはイギリス発祥の食べ物で、色んな種類がある」ということと、「デザートというのはアメリカ英語で、イギリスではプディングとデザートという言葉が混在している」ということです。後者については、「プディング(=デザート)にアップルパイを食べた」という表現もありうるということです。

写真は、かちかちになった古いパンを使って、主人による「プディング」の実例です。材料はフレンチトーストと同じで、オーブンで焼きました。パンにカスタード液を十分に浸してから焼くので、出来上がりはしっとりしています。味は、フレンチトーストでした。

 

 

P1110629_3


2012年5月 8日 (火)

Rice pudding/ライスプディング

My hunsband made rice pudding for dessert the other night. I know that’s his speciality, and he knows that it’s challengeing for me to have rice sweet and the combination of rice and milk/cream, because Japanese eat rice for meals and never for dessert,. Its soft and tender taste was something chillaxing and it was unexpectedly good, though I had to admit my husband that I wouldn’t be eager for every week. If the day comes when I love it so much, then I’ll be more British than Japanese.

It could be arranged in many ways, for example, coconut milk instead of milk and cream will make it ethnic, brown sugar instead of caster sugar will make it rich, and brown rice instead of regular rice will give it crunchy texture. Splinkling matcha (green tea) powder and/or topping with an (sweet red bean paste) will make it Japanese.

 ある日の夜ご飯のデザートに主人が作ったのがライスプディングです。彼の十八番だとは知っていたし、日本人の私には、ご飯+甘い、ご飯+ミルクという組合せはチャレンジングだと以前から伝えていたので、私が飛びつくデザートではないことは彼も分かっていました。意外と口に入りますし、優しい甘さで、ほっこりするものの、毎週欲しいものではないかな・・・。病みつきになる日が来たら、私もイギリス人の仲間入りかも!と話していました。 ミルクや生クリームをココナッツミルクにすればエスニック風、砂糖をブラウンシュガーにするとコクが出る、お米を玄米にすると食感が出る、スパイスを変えてみるなど、色々アレンジができそうです。抹茶をふりかけたり、餡をトッピングすれば、和風ライスプディングになりそうです。

P1110595_2


P1110600


2012年5月 7日 (月)

Pancakes/パンケーキ

Though I like to prepare meals for us, I’m really thankful for my husband, who is willing to prepare for breakfast/lunch/dinner and who is actually a good cook. One of his specialities is pancake, which he seems to make more on weekends. He made his special pancakes for my first weekend in this country. He’s found out that all the ingredients can be mixed all together, and he was telling me the ratio as well. As I was more curious to learn about the imperial system of units here, I have to learn again what he was trying to teach me.

朝昼晩、何も言わなくてもキッチンに立って、ご飯を自ら用意してくれる主人には、感謝です。日曜日はパンケーキをよく作るようで、イギリスに来て最初の週末の朝食は、彼自慢のパンケーキでした。牛乳、卵、小麦粉など、すべての材料を一緒に混ぜても上手に出来上がることを発見したようです。材料の配分を説明していましたが、私はちょっとうわの空だったので、また、いつか紹介したいと思います。

P1110587_2

P1110593_5

2012年4月24日 (火)

Project Roots/プロジェクトルーツ

Finally, the time to leave Tokyo has come. When I started this blog, the first artilce was “To begin with”, where I wrote a bit about why I’m starting this blog. The article on my last day in Tokyo, I write about how Project Roots was started and how it has been developed.

It was the year 2008. With an ambition to open a Japanese restaurant in Munich in my mind, I quit work to get enrolled full-time at a cookery school, worked at a Japanese restaurant at night, and visited Munich for market research during summer break. I aimed to introduce Japanese home-style cooking to foreign people who know only sushi, tempra and sukiyaki as Japanese foods. My mother’s cooking is my root in Japanese cuisine, and my dream was big enough to wish that my cooking becomes Muncheners’ roots to Japanese cuisine and food culture. Therefore, I knew already then that I’ll name my restaurant “Roots”. Though I was so resolute, I had to give up my business plan and came back to Tokyo and the business world in August, 2009.

My original plan was scrapped, but I didn’t want to give it up and thought that there should be other ways to introduce wonderful Japanese cooking to non-Japanese. While I was looking for a job, I was preparing for “another” business plan; teaching Japanese cooking to foreign residents in Tokyo. That’s how the concept of Project Roots was created, developed, and the project was launched in September, 2009. Most of my students were expats. Some have already left the country to go back their home, and some have been coming since the launch. Living in Japan, their experience of Japanese foods is rich, and they’re willing to try and learn unique (for us common, though) Japanese food materials, preparation, cooking methods, cooking utensils etc. “Basic Japanese Cooking” course was the most popular, and it was actually the course that I think the best. Most of my students, after completing “BJC”, took “Spring/Summer/Autumn/Winter Table on Japanese Table”, which focused on seasonal materials. Contrary to my expectation, “Sushi Club” was not so popular. Just before my students were leaving for home, I often tailored special lessons upon their request. After about a year, Japanese students started to come for lessons. Some were for Japanese cooking, and some were for Italian/French/confectionery lessons. To add more to my cooking portfolio, I took Italian cooking lessons in the last two years. Also, some fun events with my students, such as, a tour to the Kappabashi cooking tools street and outdoor potluck party, were held. As it’s mother’s joy to see their husband/children’s smiling and hear them saying “Yummy”, it delighted as well as encouraged me when my students were eating what they’ve prepared, saying “Yummy!”

My life is to be based in the UK.  Part of me feels it’s pity that I have to leave this country, which is my roots, and to give up the project in Tokyo only after two years and half. But my hope is to continue the project in the UK. It could take some time though, because a plan that meets the market demand should be prepared and procurement of certain unique but essential Japanese food materials should be set up (or learning substitutes if any). As my original business plan to set up a Japanese restaurant “Roots” was transformed to the cooking lesson project “Project Roots”, still realizing its bottom-line, some different form to tak eover the concept of "Roots", that is, introducing Japanese cooking to the world, might be achieved. And, I’ll continue to write articles on this blog. As I wrote “Sign of life” on the next day after the 3.11 northeastern earthquake disaster, this is my sign of life.

 

とうとう、東京を離れる日が来ました。このブログを始めるきっかけは、「はじめに」で、ほんの少しだけ触れましたが、そもそもProject Rootsを始めるきっかけとこれまでのことを最後に書いておこうと思います。

ミュンヘンで日本料理屋を始める計画で会社を辞め、調理師学校に通い、夜は日本料理屋でバイトし、夏休みには市場調査に行ったりしていたのが、2008年でした。寿司、天ぷら、すき焼きだけじゃない、日本の家庭料理を広めたい一心でした。だから、自分が育った家庭の味が、自分の和食のルーツであり、それがその土地の人たちの和食のルーツになれば・・・と大きな夢を描いて、レストランの名前も「Roots」と決めていました。ゆるぎない決心があったにも関わらず、途中で断念せざるを得ず、東京、ビジネスの世界に戻ったのが20098月です。

レストラン経営ではなくても、外国人に日本の家庭の味を伝える手段はあるはずと、就職活動の傍ら準備をしていたのが、日本在住外国人向けの和食の料理教室です。そして、20099月から、Project Rootsが始まりました。生徒さんの多くは駐在員で、プロジェクト開始当時からずっと来て下さっている方もいれば、母国に帰られた方も多くいます。日本にいる方たちなので日本食の経験値も高く、日本独特の食材、下準備、作り方、調理器具など、高いアンテナをもってレッスンに臨んで下さいました。いちばん人気があったのが「基本の和食」コースで、手前味噌ですが、よく出来たプログラムになっているものでした。大抵の生徒さんは、「基本の和食」終了後は、四季の食材を使ったコースを取って下さいました。プロジェクト開始から一年ぐらいから、日本人の生徒さんも増え、レッスンは、和食だけではなく、イタリアン、フレンチ、製菓にも広がっていきました。私自身も、見識を深めるため、昨年、一昨年続けて、フィレンツェでトスカーナの家庭料理を習う機会も設けました。また、生徒さんをお誘いし、かっぱ橋道具街ツアーや隅田川の川辺でポットラックパーティーも企画しました。作ったごはんを、旦那さんや子どもたちが「美味しい」と言って食べてくれると、お母さんたちは嬉しいのと同じで、生徒さんが作った料理を試食するとき、「んー、おいしぃー」と言う姿は本当に嬉しく、やりがいを感じるものでした。

これからは、私の生活の拠点はイギリスになります。私のルーツであるこの国を離れること、Project Rootsを終えなくてはいけないのは残念ですが、イギリスでもProject Rootsは継続したいと思っています。マーケットの需要を知るのと、独特かつ入手困難な食材の調達、または、代替を自分が経験していく必要があるので、時間はかかるかもしれません。ただ、、当初の計画(レストラン)が料理教室になったように、ボトムラインである日本の家庭料理を伝える他のカタチが生まれるかもしれません。そして、このブログも継続していくつもりです。東日本大震災のとき、「無事です」の記事でも書いたように、これが私の生きている証です。

P1110555_2 

This is where I've lived and the lessons were held for Project Roots. Hoping to come back someday.

ここが私が住み、Project Rootsのレッスンを行った場所です。いつの日か、戻ってこられますように。

2012年2月26日 (日)

Tube cake/シフォンケーキ

It’s been so busy with no time even to cook, but I’ve barely got a time for baking, so I baked two kinds of tube cakes; plain and early grey. For earl grey tube cakes, you can use the same ingredients for the same amount as what you need for the plaine ones. However, for green tea and moca tube cakes, for example, the amount is differet. Make merengue just after the other mixture is prepared and just before you put it in the oven. If merengue is too stiff, it won’t be mixed well with the other mixture. When it’s put in the mold, leave some space on top and make dent in the center. As the cake is simple, it goes well with whipped cream and ice cream.

ケーキを焼く時間が少しだけできたので、敢えて、ほとんど作らないシフォンケーキ(プレーンと紅茶の2種類)にしました。紅茶のシフォンケーキは、プレーンの材料、配分と同じでできます。抹茶やモカなどは、配分が違ってきます。メレンゲは、生地の準備をしておいてから作ります。また、メレンゲが固すぎると、生地と混ぜ合わせたときに残ってしまいます。型に入れたら、上部に隙間を作り、中心部はへこませると、形よく焼けます。シンプルなケーキなので、クリームやアイスクリームと合います。

P1110329

Photo_2

より以前の記事一覧