Western/西洋料理

2014年6月 5日 (木)

Polish cooking lesson/ポーランド料理のレッスン

A young Polish shared a Polish cooking lesson with my Japanese and English friends. We cooked:

- naleśniki z pieczarkami i surówka (pancakes with mushrooms)

- marchewki i jabłek (carrot and apple salad)

- sernik z musem brzoskwiniowym (cheesecake with peachy mousse)

Pancakes, salads and cheesecakes may sound universal foods, but they were really good and there were things to learn. Thank you, M!

ポーランド料理を教えて頂く機会がありました。作ったのは、マッシュルームのパンケーキ、人参とりんごのサラダ、黄桃のチーズケーキ。パンケーキ、サラダ、チーズケーキはどこの国にもありそうですが、美味しくて、新しい学びもありました。Mちゃん、ありがとう!

Photo

2013年2月 2日 (土)

Cataplana/カタプラーナ

Every time I go on a holiday, I buy a recipe book of the country and local foods. I bought a cookware called cataplana, when I visited Portugal 7-8 years ago. It’s made of copper and shaped like a clam.

It’s so simple and quick to prepare cataplana (it’s also a name of the dish): you just put fish and seafood (such as white fish, squid, prawns, and clams), vegetables and chorizo, clamp down the hinges on the pot, and steam for about 15 minutes.  Kitchen is filled with the smell of the sea, when it’s being cooked.  It’s ‘wow’, when you pop the lid and taste it.

旅先では必ず、その国の料理本と食材を買って帰ります。78年前、ポルトガルで買ったのがカタプラーナという二枚合わせになった銅製のお鍋で、ポルトガル南部の郷土料理名でもあります。作り方はとても簡単で、白身魚、烏賊、海老、貝などの魚介、野菜、チョリソーなどを入れ、蓋をして両脇についている金具で留め、蒸し煮にするだけです。調理時間も15分程度と短く、簡単に美味しいお料理ができます。

P1130022

P1130040

Photo

2013年1月31日 (木)

Japanese 'cream croquette'/クリームコロッケ

Today’s article has something to do with ‘Doria and you-shoku’ the other day.  I prepared Japanese ‘cream’ croquette to use up old oil.  While potatoes are popular for croquette, beschamel sauce is for 'cream croquette'.  You make elastic béchamel sauce and mix with crab meat (or shrimps, corns) and sautéed onion.

The beschamel sauce and the temperature in frying are the keys.  To avoid clumping in making the white sauce, flour should be sautéed well.  By cooking it out, butter and flour is melted when milk is added.  Early preparation is recommended, as it takes time (at least one hour) to cool down the mixture and rest it in the fridge.  In frying, keep the temperature at medium (170-180 degree Celsius).   The cold mixture lowers the temperature of oil, and the croquettes will be exploded in oil, if it’s too low.

先日の「ドリアと洋食」の記事に関連するのが、クリームコロッケ。コロッケはフランス語のcroquetteからきており、コロッケらしい食べ物は西洋、東洋問わずあります。使い切ってしまいたい油があったので、久しぶりにクリームコロッケを作りました。

クリームコロッケを成功させるには、ベシャメルソースと揚げるときの温度です。ベシャメルソースによくある失敗は、だまになることですが、コツは小麦粉をよく炒めることです。粉っぽさをとることで、牛乳を加えたとき、なめらかに溶けます。生地の粗熱を取り、冷蔵庫で冷やし固めるのに時間がかかるので、早めに用意をしておくといいです。揚げる温度は、中温(170-180度)ですが、生地が冷えているので温度を保つようにします。油の温度が低いと、表面が固まらず、パンクします。

ちょうど前日、テレビでやっていたミシェル ルーの料理番組のデザートは、固めに作って冷やし固めたクレームパティシエールに揚げ衣(’tempura’って言っていました)をつけて揚げるというものでした。クリームコロッケと同じです。

Photo

2013年1月29日 (火)

Pheasant casserole/雉のキャセロール

When we drove to a neighboring town, we found a really nice butcher.  Why I say ‘really nice’ is because they have meat that supermarkets don’t (such as rabbits and pigeons), because they don’t do any decoration or sell any add-on products but concentrate on meat, and because where you pay is separate from where you buy (good hygiene).  And, we bought pheasant legs.

週末、となり町に出かけたとき、素敵なお肉屋さんを発見しました。素敵というのは、スーパーでは置いていないウサギ、鳩などのお肉があったり、余分な装飾や関連商品がなく、支払う場所が分かれている(汚れた紙幣やコインを扱う人は別)から。そこで見つけたのが、雉のお肉。

P1120990

It would’ve been pheasant nabe (pot dish) with lots of vegetables and seasoned by soy sauce, if it were in Japan.  My husband was a grand chef that night and we cooked casserole.  Though I was called ‘menace in the kitchen’, I was an assistant chef, cutting vegetables.  I did ‘mentori’ (cutting off sharp edges so that vegetables can remain their shapes), as I know just a little something extra makes the taste even better and the look even better.

日本なら、雉鍋というところでしょうが、この日の料理長は主人、雉はキャセロールとなりました。アシスタントシェフの私は、野菜を切るだけでしたが、ちゃんと面取り。こういうひと手間が、お料理を美しく、美味しくさせます。

P1120995

Be cautious when eating, as the meat could have little bullets.  Mine had five.

お肉には、ちょっとクセがあるので日本人好みかどうかは分かりません。お肉には小さい鉄砲玉が入っていることもあるので、注意です。(私のお肉には5つも入っていました。)

P1120999

I’ve seen a wild pheasant twice in my life (one each in Japan and here). It’s a lucky birt for me, as good news was coming in after I had seen a wild one. I’m a bit worried if it’s still a lucky bird even after I ate it.

野生の雉を見たのは、これまで2回(日本とイギリスで1回ずつ)あり、私にとって、雉は幸運を知らせる鳥(雉を見かけた後に、いいことが起きたので)です。食べちゃったら、幸運の鳥ではなくなっちゃうかな・・・心配。

2013年1月23日 (水)

Cinema and wine/映画館でワイン

I watched Les Mis at a cinema in a former capital city of England.  It seems that the cinema used to be a church and it has a typical British architecture with bricks.  So, it’s almost hard to know that it’s a cinema without a sign of ‘screens’.  As this is a food blog, it’s not about the architecture, not about La Mis, but about the foods and drinks there.

Popcorns and soft drinks are common in movie theaters, but besides hot drinks, they sell wine, sprits, prosecco and sparkling wine.  They also sell bites like brownies.  How nice to watch a film over a glass of wine!  According to the people who I asked, that’s not a standard here, though.

イングランドの古都にある映画館で、「ラ・ミゼラブル」を観てきました。元々、教会だったらしいその映画館は、典型的なイギリス建築で、看板なしでは、外観から映画館とは分からないぐらいです。このブログは食べ物に関してのみなので、今日の話題は建築でも映画でもなく、映画館の食べ物と飲み物です。

ポップコーンやソフトドリンクは映画館の定番ですが、この映画館には、ブラウニーなどのお菓子やホットドリンクのほか、ワイン、スピリッツ、プロセッコ、スパークリングワインなどのアルコールも売られています。映画館で、ワイン片手に映画鑑賞なんて、素敵すぎ・・・。地元の映画館で「パイの物語」を観たときは、いわゆるシネコンだったので、数人に聞いてみたところ、この映画館のようなスタイルは一般的ではないようです。

P1120959

2013年1月21日 (月)

Seville oranges and marmalade/セビリアオレンジとマーマレード

There’re apples called ‘cooking apple’ in the U.K.  As the name says, it’s only for cooking and it’s not sweet at all.  You need the apple for apple crumble, for example.  What are available only this time of the year is Seville oranges.  They look like navel oranges, but the same as cooking apples, they’re not sweet, rather sour like lemon.  You need them to make marmalade.

イギリスにはクッキングアップルという林檎があります。全然甘くないので生食用ではなく、お料理/お菓子に使います。例えば、アップルクランブルには、必ず、クッキングアップルを使います。そして、今、この時期にしかないのがセビリアオレンジです。クッキングアップル同様、生食ではなく、マーマレードを作るためのオレンジです。見た目は普通のオレンジですが、味はレモンのような酸っぱさです。

1_4

Marmalade is a standard item for the British breakfast.  My British husband never misses it for breakfast, which would be the same that Japanese have always rice and miso soup for breakfast.  And it was a marmalade-making weekend in our kitchen.

マーマレードはイギリスの朝食の定番です。主人も、毎朝、必ずマーマレードのトーストを食べています。そして、今週末はマーマレード作りでした。

Firstly, we peeled the oranges and lemons thickly, and shredded them.  In a big pot, we put them along with juice from the oranges and lemon as well as water.

セビリアオレンジとレモンの皮を厚めにむき、スライスします。絞り汁と水を加えます。

2_4

3

4

5_2

6

There’s nothing to throw away.  We put the white fluffy parts and pits in the muslin and cook in the pot for two hours.  When it’s cooked, we squeezed the muslin and put the juice back in the pot.

白い部分、カスに思える部分、種、すべて使います。ムスリンというガーゼのような生地にくるみ、スライスした皮と一緒に2時間ぐらい煮込みます。最後に、ムスリンを絞り、絞り汁も捨てずに使います。

8

9

10

11

We used 2.6 kilograms of sugar for 1.5 kilograms of oranges.  We added the sugar and cooked further.  The most difficult part was when to stop.

最後に、砂糖をたっぷり(1.5キロのオレンジに対し2.6キロ)入れ、ぐつぐつ煮込んでいきます。適度な粘りが出てきたら出来上がりです。

12

13

14

15

2012年12月26日 (水)

British Christmas/イギリスでのクリスマス

My first Christmas in the U.K. is at my parents-in-law’s.  There’re a lot to write about Christmas, but I write only about Christmas foods as this blog is all about food.  Firstly, we placed a mince pie and milk for Father Christmas (people don’t say Santa Clause here) and a carrot for Rudolf at the log fire.

初めてのクリスマスは義父母邸です。クリスマスに関しては、いっぱい書きたいことはあるのですが、これはフードブログなので、テーマは食べ物に限定です。まずは、クリスマスイブにプレゼントを届けてくれるサンタクロース(イギリスでは、ファーザークリスマスと言います)にはミンスパイ(ドライフルーツがフィリングのクリスマスのお菓子)と牛乳、トナカイのルドルフには人参を、暖炉に置いておきます。

P1120755

The mince pie, milk and carrot … all gone in the morning of Christmas!

クリスマスの朝、ミンスパイも牛乳も人参もなくなっている!

P1120757

My husband’s family starts Christmas morning with Champaign.

主人のうちでは、クリスマスの朝はシャンパンで乾杯から始まるそうです。

P1120764

Then, lunch.  Setting the table is done.

そして、ランチ。テーブルセッティング完了。

P1120772

Roast turkey is done beautifully.

クリスマスの定番、ターキーも完了。

P1120767

Wine is set.  And, more yummies!

ワインも完了。他にも美味しいものがいっぱい。

P1120775_2

P1120777

Dessert is Christmas pudding, a traditional Christmas cake with lots of dried fruits.  The sweetness is not surprising, as is often the case with many sweets in this country. 

デザートは、イギリスの伝統的なクリスマスのデザート、クリスマスプディングです。ドライフルーツがたっぷり入って、イギリスのお菓子には珍しくないとてもあまーいプディングです。ブランデーをかけて、火をつけてから、カスタードクリームやブランデーバターなどと一緒に頂きます。

P1120781

P1120786

Christmas here is somewhat equivalent to New Year in Japan.  As the preparation for the New Year festive meals has become my jobs since five to six years ago, I think my husband and I should be a host and cook for his parents.  But they did all the beautiful Christmas feast.  I appreciate not only their hospitality but also sharing British food culture.

こちらのクリスマスと同じ、日本のお正月に欠かせない御節やお雑煮などのお正月料理の準備が母から私になったように、本来ならば、私たちが招待すべきところを、高齢の義父母が美味しいクリスマスを用意してくれました。もてなしだけでなく、食文化を共有してくれた義父母に感謝です。

2012年12月24日 (月)

Borough Market/ボローマーケット

I went to Borough Market in London. It was really a fun visit and it’s always nice to be surrounded by foods.

ロンドンにある市場、ボローマーケットに行って来ました。やっぱり、食べ物に囲まれるのって楽しいです。

P1120660

As it's a food market, they have everything you’d need such as fruits, vegetables, fish/seafoods, cheese, bread, olives, sweets etc.

市場なので、何でもあります。フルーツ、野菜、魚・魚介類、チーズ、パン、オリーブ、スイーツ・・・なんでも。

P1120661

P1120662

P1120664

P1120668

P1120675

P1120685

P1120686

P1120700 

P1120694

Something Christmasy caught my eyes, of course.  Brussels sprouts at vegetable shops, turkeys at meat shops, mulled wine and cider at wine shops … etc.  Mulled wine is the same as Gluewine in Germany and Gloegg in Nordic countries.  Mulled cider seems to be something special in the U.K., according to shop staffs.  There’re mulled pear and mulled apple, also.

クリスマス前のこの時期に目を引くのは、やはりクリスマスに必要なものです。八百屋さんでは芽キャベツ、お肉屋さんではターキー、ワイン屋さんでは温かいワインやサイダー。温かいワインは、ドイツではグリューワイン、北欧ではグロッグと呼ばれるているのと同じです。温かいサイダーは飲んだことがなかったので、お店の人に聞くと、イギリスならではのもののようです。温かい洋梨や林檎のジュースもありました。

P1120673

P1120702_2 

P1120703

There was a stall that sells fresh jusice and homemade soup.  And, they sell miso soup! It’s miso soup with udon, which I have to say British innovation.  I couldn't help asking how British people like the soup and which miso they use.

ジュースやスープを売るお店で、味噌汁発見。うどん入りの味噌汁だそうで、アレンジされていますね。売れ行きや、どんな味噌を使っているのか聞いてみました。

P1120678

P1120680_2

Sky was making a report.

スカイもレポートしていました。

P1120708_2

Finally, breakfast was rather German with mulled wine and pretzel.

そして、朝ご飯は、ちょっと、ドイツみたいですが、温かいワインとプレッツェル。

P1120705

2012年12月19日 (水)

Salmone in salsa agra/サーモンのフリカッセ、レモンソース

I was hoping to go back to Florence to take cooking lessons before Christmas after I had done two-week summer and autumn lessons for the last two years.  Just wishing without taking any action doesn’t help to make it happen, I know.  Just to feel I’m in the lesson and to clean the fridge before Christmas, the dinner tonight was salmon in salsa agra (salmon fricassee in sour sauce), which I learned two years ago.   Bechamel sauce is common for fricassee, but as the dish says, the sauce is sour with lemon juice and zest.  As egg yolk is used, heat control is the key, but it’s an easy dish that takes only 15 minutes.  Cod for other fish as well as chicken and pork will do for this dish.

一昨年、去年と季節を変えて二年間続けてフィレンツェで受けた、2週間のトスカーナ料理(敢えてイタリア料理とは言いません)レッスン、今年はクリスマスの頃に行けるといいな・・・と思っていたものの、願っているだけでは望みは叶いませんでした。思いだけはフィレンツェに、そして、クリスマス前に冷蔵庫をできるだけ空にするために作ったのが、サーモンのフリカッセ。おととしのレッスンで習った一品です。フリカッセはホワイトソースで作るものですが、salsa agraとあるように、レモン(汁と皮)を使った酸味のあるソースです。卵黄を使うので火加減が大事ですが、15分でできる簡単メニューです。お魚なら他には鱈、お肉なら鶏肉や豚肉でも同じようにできます。

P1120649

2012年11月18日 (日)

White vegetable stew/野菜のホワイトシチュー

The daytime is getting shorter and shorter and it’s getting colder and colder here, which gives up appetite for the dishes to warm up.  Recently we have more dishes with crème béchamel on our table.

Tips to make crème béchamel are: Put flour after butter is completely melted and stir well.  In pouring milk, place a pan off the hob and pour milk and stir all at once (not little by little).  Cook over the medium heat and constantly stir.  Tips to make the cream delicious are: Add bay leaf in warming up milk, add nutmeg, and use full-fat milk,

イギリスは、どんどん日照時間が短くなり、寒さも厳しくなってきて、根菜、煮込み料理がますます美味しい季節になってきました。最近、我が家の食卓にもソースベシャメルを使った料理があがる機会が多くなりました。

ソースベシャメルを上手に作るコツは、小麦粉は、バターが溶けてから加え、よく炒める、牛乳を加えるときは、火からはなし、一気に加え撹拌する、中火で、絶えず、かき混ぜることです。また、牛乳を温めるときにベイリーフを入れたり、ナツメグを入れたり、コクのある牛乳を使うと美味しく仕上がります。

P1120502

より以前の記事一覧