« 2015年3月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年5月

2015年5月 5日 (火)

Tango & Chimaki, kashiwa-mochi/端午と粽、柏餅

Same as Joshi, Tango is one of the five sechinichi (seasonal juncture), and negative vibes that cause people harm are considered to penetrate on this day. To drive evil spirits away, people decorated a doll-shaped ornament made by yomogi (mugwor) on the eaves, drank iris sake and took an iris bath to purify themselves.

That was brought in Japan in the Heian Period (AD794-1192) and became a court event. They put iris on, wiped the roof with it, decorated balls made of iris and mugwort. In Kamakura/Edo period, people linked shoubu (iris) with shoubu (respect for military art) and shoubu (win and lose). They started to decorate armor with iris and did yabusame, and it eventually turned into a festival for boys. Edo shogunate set Tango as one of the gosekku (five festival days), and it has taken root in society as the day to wish boys grow, be strong, and be successful.

Koinobori and gogatsu-ningyo are the decoration for the day. Koinobori (carp-shaped streamers), which originates in Chinese legends (carp become dragons when they swamp up whitewater rapids), are the symbol of strength and success in life. Gogatsu-ningyo comes from belief that dolls are effigy to take all the bad luck, and miniature samurai armor and helmets represent feudal generals to wish boys grow as strong as warriors.

Chimaki and Kashiwa-mochi are the festive foods for the day. Due to historical and cultural reasons, chimaki is common in the west part of Japan, while Kashiwa-mochi is in the east. The origin of chimaki is China, where people made it on 5th May to protect them against evils. It’s tied with threads of five colors (red, blue, yellow, white and black) to remove evils.

Kashiwa (oak tree) was believed to be a holy tree. Its old leaves don’t fall till it starts to come out, which related with peoples’ wish that parents don’t pass away until their baby is born (=being gifted with heir and children).

端午は上巳と同様、五節日のひとつです。古代中国では、節日に災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたので、厄払いの行事として、蓬で形(ひとがた)を軒に飾ったり、菖蒲酒を飲んだり、菖蒲湯につかってお祓いをしていました。 

これが平安時代に日本に伝わり、端午の節会(せちえ)になりました。菖蒲で屋根を葺いたり、身に付けたり、菖蒲や蓬を丸く編んで五色の糸を結んだ薬玉(くすだま)を飾ったりしたそうです。鎌倉・江戸時代には、「菖蒲」が「尚武(武を尚(たっとぶ))」や「勝負」となり、葉の形が剣に似ていることから、兜に菖蒲を飾ったり、流鏑馬(やぶさめ)をするようになり、男の子のお祭りに変わっていきました。江戸幕府が端午を五節句のひとつに定めると、男の子が強く逞しく成長し、立身出世することを願う行事として定着していきました。 

鯉のぼりは、古代中国の故事(登竜門)に由来し、人生という流れのなかで遭遇する難関を鯉のように突破し、立身出世して欲しいという願いが込められています。日本では、将軍に男の子が生まれると、旗指物(家紋のついた旗)や幟(のぼり)を立てて祝う風習がありました。これが武家に広がり、男の子が生まれた印として幟を立てるようになったそうです。江戸時代には、立身出世の象徴となった鯉を幟にするアイデアが庶民の間に生まれ、武家の幟に対して、町人の間で鯉のぼりが揚げられるようになりました。 

五月人形は、人形が人の厄を受けてくれるという身代り信仰のひとつです。勇ましい男子に育つように願いが込められています。鎧や兜は武士の命を守る道具で、それらを飾ることで、様々な災いから子供を守って逞しく成長することを願います。 

行事食は、粽と柏餅で、歴史的、文化的背景から、関西は粽、関東は柏餅が主流です。粽の始まりは中国で、55日に粽を作って災いを除ける風習が日本に伝わりました。粽は邪気を払う5つの色(赤・青・黄・白・黒)で結ばれています。一方、柏餅は日本独自のもので、江戸時代に江戸で生まれました。柏はは神聖な木とされており、新芽が出ないと古い葉が落ちないので、「子供が生まれるまでは親は死なない」(=「後継ぎが途絶えない」、「子孫繁栄」)に結びつき、端午の節句の縁起のいい食べ物となりました。

1

« 2015年3月 | トップページ | 2015年7月 »