« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月 3日 (火)

Setsubun & Eho-maki, fuku-mame/節分と恵方巻、福豆

'24 Sekki' is a system originates in ancient China. A year is divided into '12 Chuki' and '12 Sekki', and each of the '24 Sekki' has a name describing its season. It was created to match the gap of the lunar calendar and the actual seasons/climates. Risshun (the first day of spring - 4th February), Rikka (the first day of summer - 6th May), Risshu (the first day of autumn - 8th August) and Ritto(the first day of winter- 7th November) are regarded as the most important Sekki. And the day before Sekki is called 'Setsubun', literally means the day to split two Sekki. Setsubun, however, mainly refers to the day before Risshun (4th February) from the Edo period (AD1603-1867).

Facing in the year’s ehou (auspicious direction), closing eyes, not speaking even a word, making a wish, and eating a whole eho-maki/futo-maki (thick sushi roll) on Setsubun is believed to bring you something good. Whatever can be rolled in the sushi roll, but using seven ingredients are common.

'Fuku-mame' is roasted soybeans, which are to be scattered in and outside the house, calling "Devils out, fortune in" on Setsubun.  After that, people eat as many roasted soybeans as your age.

二十四節気は中国から伝来したもので、太陰暦と気候(季節)の差を解消するために定められた仕組みです。1年を12の中気、12の節気に分け、それぞれ季節を表す名前がつけられています。なかでも、立春(2月4日)、立夏(5月6日)、立秋(8月8日)、立冬(11月7日)は四立と言われ、重要な節気とされています。節気の前日が節分で、江戸時代以降から立春の前日を指すことが多いようです。

恵方巻は節分に食べると縁起が良いとされる巻き寿司です。節分の夜に、その年の恵方に向かって、目を閉じ、一言もしゃべらず、願い事を思い浮かべながら太巻きを丸かじりします。具は何でもいいですが、干瓢、胡瓜、椎茸、出汁巻、鰻、でんぶなど、7種類を入れます。

福豆は炒った大豆で、「鬼は外、福は内」の掛け声をかけながら、家の外、内にまきます。鬼に豆をぶつけることで、邪気を追払い、一年の無病息災を願います。まいた豆は、数え年分だけいただきます。

P1070029

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »