« Osechi/御節料理 | トップページ | Nanakusa-gayu/七草粥 »

2015年1月 2日 (金)

Ozoni/お雑煮

Ozoni in origin was a soup prepared with offerings made to the gods, but now it’s a soup with mochi/rice cake and some other ingredients for New Year. There was a custom in the ancient times that the first day of a month starts from the evening the day before, therefore, it’s regarded that New Year starts from the evening on New Year’s Eve.  It’s said, ozoni originates that offerings (rice, mochi etc) made to the gods on New Year’s Eve were taken back after sunset and they were cooked with other ingredients.

There’re a variety of ozoni recipes, as it so much defers depending on regions and families. Round mochi is used in western Japan while square one is in the east.  It was originally seasoned with miso/soy bean paste, but samurai families disliked “miso o tsukeru (to put miso, which means to lose face or to blow up due to failure), therefore, they made the soup clear.

Shinto, not Buddhism, is a mainstream religion where my father grew up (Nagano). Therefore, his family started New Year feast on New Year’s Eve, and my family takes over the practice. My mother says ever year that the celebration of New Year should starts on that day and it’s so strange to start it the day before. It’s still understandable, if you know about the Shinto and the tradition from the ancient.

The ozone I cook is a clear soup (bonito and konbu/dried kelp) with curved vegetables; Satoimo/Japanese taro as crane (longevity), daikon/mouli as turtle (longevity), carrot as Japanese apricot flower (sing of spring), kamaboko/fish paste as knot (celebration), and komatsuna/chard as something green, and mochi.

お雑煮は、もともと、神にお供えしたもので炊いた吸い物で、現在では、正月に食べる餅と具材をあしらった汁物です。起源は諸説あります。古来、一日は夕方から始まるとする風習があり、元旦は大晦日の夕方から始まると考えられていたそうです。大晦日の夕方に神仏に供えた餅や飯を日の出後に降ろし、具材を加えて煮たものが雑煮の始まりとされています。

具材や作り方は、地域や家庭によって様々です。西日本では丸餅(餅は望(もち=満月)に通じ円満を意味)、東日本は角餅(焼いて膨らませて角をとる)が一般的です。もとは味噌仕立てでしたが、関東の武家では「味噌をつける(失敗して面目を失う、台無しにする)」ことを嫌い、すましに仕立てたと言われています。

父の実家(長野)では神道が主流で、迎春のお祝いをするのは大晦日の夜から始まっていたそうです。父がそんな環境で育ったせいか、我が家では大晦日からご馳走、呑みが始まります。母は毎年、「新年のお祝いは元旦からで大晦日からするのはおかしい」と言いますが、神道、古来の風習を知れば理にかなっています。

私が作るお雑煮は一番出汁に飾り切りをした野菜です。里芋は鶴、大根は亀、京人参は梅、蒲鉾は祝結び、そして青ものとして小松菜です。

1

« Osechi/御節料理 | トップページ | Nanakusa-gayu/七草粥 »

Japanese/日本料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444418/38306176

この記事へのトラックバック一覧です: Ozoni/お雑煮:

« Osechi/御節料理 | トップページ | Nanakusa-gayu/七草粥 »