« New Year’s Eve and toshikoshi-soba/大晦日と年越し蕎麦 | トップページ | Ozoni/お雑煮 »

2015年1月 1日 (木)

Osechi/御節料理

Osechi is a festive dish for the sechinichi/yearly seasonal celebration days. (There’re five sechinichi in a year; Jinjitu on 7th January, Joushi on 3rd March, Tango on 5th May, Shichiseki on 7th July and Chouyou on 9th September.) New Year is the sechinichi to welcome the god of rice field back from mountains. There’re several views for osechi in modern times; (osechi is prepared) not to make a kitchen restless while having the gods home on New Year, not to make the god of fire upset, to avoid using fire on New Year (practice in the Heian period, AD794-1192), and for women to be free from cooking for the first three days of the New Year.

Osechi is full of blessings from ocean and mountain, and each one of them has auspicious meaning such as agricultural fertility, health, longevity and so on. Served in tiered boxes became common in the mid of the Edo period (AD1603-1867), and this has also auspicious meaning to layer lucks.

御節とは、もともと、節日に作られる祝い膳のことです(節日は年に5日あります。17日の人日(じんじつ)、33日の上巳(じょうし)、55日の端午、77日の七夕(しちせき)、99日の重陽で、五節日と言われます)。正月元旦は、山に帰った田の神を呼び戻すための節日とされていたそうです。現代の御節は、神様をお迎えした新年に台所を騒がしくしない、火の神を怒らせない、正月に台所で火を使うことを避けるという平安時代からの風習の名残、女性が正月三が日に休めるようになど、いくつかの言われがあります。海の幸、山の幸をふんだんに使い、祝い肴類、口取り類、酢の物類、焼き物類、煮しめ類でなり、ひとつひとつに五穀豊穣、長寿、子孫繁栄などの願いをこめ、縁起をかついだ意味を持たせています。重箱に詰めるようになったのは江戸時代中期頃からで、めでたさを重ねるという縁起かつぎです。

20081231 Cimg0315

« New Year’s Eve and toshikoshi-soba/大晦日と年越し蕎麦 | トップページ | Ozoni/お雑煮 »

Japanese/日本料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444418/38254580

この記事へのトラックバック一覧です: Osechi/御節料理:

« New Year’s Eve and toshikoshi-soba/大晦日と年越し蕎麦 | トップページ | Ozoni/お雑煮 »