« Ozoni/お雑煮 | トップページ | Kagami-biraki & Oshiruko/鏡開きとお汁粉 »

2015年1月 7日 (水)

Nanakusa-gayu/七草粥

Jinjitsu,7th January, is one of the five sechinichi/yearly seasonal celebration days. In ancient China, 1st of January was the day for rooster, 2nd for dog, 3rd for wild boar, 4th for sheep, 5th for cow, 6th for horse, and 7th for human, and people judged their fortunes of the year. In the Tang era (AD618-907), they ate a soup with seven kinds of vegetables as a charm for disease-free. The custom was brought to Japan in the Heian period (AD794-1192), when there was a custom of picking young grass in snow. Nanakusa-gayu/congee with seven kinds of leaf vegetables is regarded as an integration of the two. The soup changed from soup to kayu/congee in the Kamakura period (AD 1338-1573), and became common in the Edo period (AD1603-1867). 

Spring nanakusa are seri, nazuna, gogyo, hakobera, hotokenoza, suzuna and suzushiro. You can buy a nanakusa package in supermarkets before 7th January.

人日(じんじつ)は、五節日のひとつです。古代中国では、正月1日に鶏、2日に狗、3日に猪、4日に羊、5日に牛、6日に馬、7日に人の日とし、新しい1年の運勢を占ったそうです。唐の時代には、七種菜羹(七種類の野菜を入れた羹(あつもの、汁))を食べて、無病のおまじないとする習慣がありました。平安時代に、この七種菜羹の風習が中国から入りました。日本には古くから年初に若菜摘み(雪の間から出た芽を摘む)の習慣があり、七草粥は若菜摘みと七種菜羹が結びついたものと考えられています。汁から粥として食べられるようになったのは室町時代からで、江戸時代に定着しました。春の七草は、芹、薺、御形、はこべら、仏座、菘、須々代です。

P1060790 Photo

« Ozoni/お雑煮 | トップページ | Kagami-biraki & Oshiruko/鏡開きとお汁粉 »

Japanese/日本料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444418/38306227

この記事へのトラックバック一覧です: Nanakusa-gayu/七草粥:

« Ozoni/お雑煮 | トップページ | Kagami-biraki & Oshiruko/鏡開きとお汁粉 »