« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

Midsummer Day of the Ox and eel/土用の丑の日と鰻

Canicular days are the 18 days before Risshun (around February 4th), Rikka (around May 5th), Risshu (around August 7th) and Ritto (around November 7th). The day of ox during the summer canicular days is Midsummer Day of the Ox, and it's today this year.  People eat eel on this day, and there’re several stories on how that custom was started; an eel shop owner consulted Gennai Hiraga, a herb doctor, on the poor sales. He put a poster that says “Midsummer Day of the Ox is the day of eel, then, the sales started picking up. It’s also said that eating foods starting with ‘u’ on the Midsummer Day of the Ox is good for the body.

土用とは、立春(24日頃)、立夏(55日頃)、立秋(87日頃)、立冬(117日頃)の前18日間を言います。立秋前は夏の土用で、その間の丑の日が、土用の丑の日で、今年は今日22日です。この日に鰻を食べる習慣の始まりは、鰻の売上不振を相談された平賀源内が「土用の丑の日は鰻の日」という張り紙をしたら、飛ぶように売れたとか、丑の日には「う」のつくものを食べると体にいいなど、諸説あります。

Photo_2

2014年7月22日 (火)

Marlborough College Summer School/マルボロ大学サマースクール

Marlborough College is one of the most prestigious colleges in the U.K, and the college has Summer School for three weeks every year. It was their 40th year this year.

I had a weeklong course ‘Basic Japanese Cooking’. The course was meant for those who would like a proper grounding in cooking healthy Japanese dishes. My experience here taught me that British people like to ear or learn sushi but they are not keen with more than that. So I was not sure how the registration would go. But it was nice surprise that my course was fully booked at an early stage.

The course started with how to prepare rice and how to make soup stock. Then, my students learned six basic Japanese cooking techniques covering fried, steamed, simmered, deep-fried, vinegared and dressed dishes. The course ended with the most popular Japanese food, sushi rice with mixed ingredients.

Half of my students were English, and the rest were from France, Belgium and Hong Kong. They were open to something new to them and keen to learn. It was such a great week to share cooking with them.

.

キャサリン妃(ケンブリッジ公爵夫人)が通った学校でも知られるマルボロ大学では、毎年、サマースクールが開催されています。3週間の間、3歳児からどの年代でも楽しめる講座が300以上(多分、400位)あり、3000人以上もの人たちが、イギリス国内、ヨーロッパなどから集まります。

私は、一週間、「和食の基本」という講座を担当させてもらいました。東京で「プロジェクト ルーツ」として活動をしていた頃、いちばん人気のあったコースを、現地調達できる食材と外国人の味覚にあうメニューに変えたものでした。これまでのイギリスの経験から、1週間も和食をみっちり学びたい‘稀な人はいるのか?と思っていましたが、講座受付後、早い時期に満席となったのは、嬉しいサプライズでした。

クラスの半分はイギリス人、残りはフランス、ベルギー、香港からでした。昆布と鰹節からお出汁をとること、英語ではseeweedとひとくくりされる海藻類にも色んな種類があること、板ずりや面取りなど、表に出ないけど料理を決定づけるひと手間など、私たちが普通にしいてることが新しいことでもあるようでした。

5_3

2014年7月13日 (日)

Visit by my old student/嬉しいお客さん

We had a visit by my old student this weekend. She came to my lessons in Tokyo for over a year on regular basis and went back home in Toronto two years ago. She got a business trip to London and came to us after her busy working weeks here.

I was feeling as if I were a mom, who was having her daughter back home. Dinner should be Japanese, of course. I cooked simmered eddow potatoes with konnyaku, beef and leek, oriental chicken salad, tempura, savory steamed egg hotchpotch, salmon rice and soup.

We ate, drunk and talked a lot till midnight. Thank you A for visiting us!

東京で私のレッスンに一年以上、定期的に来てくれていた生徒さんが遊びに来てくれました。彼女は東京での任務を終え、2年前にトロントに戻ったのですが、ロンドン出張!遠方からの嬉しいお客さんでした。

は、まるで実家で娘の帰省を待つ母のよう。いも煮、ささみとザーサイのサラダ、天ぷら、茶碗蒸し、鮭ご飯、吸まし汁を用意しました。夜中まで、食べて、飲んで、話して、楽しい時間を過ごしました。Aちゃん、ありがとう。

 

P1140849

Photo

2014年7月 7日 (月)

Shichiseki (Tanabata) and vermicelli/七夕(しちせき、たなばた)と素麺

There’re two events on July 7th on the old calendar. One is the Star Festival that celebrates the meeting of two lovers, Kengyu (Altair, personified as a cowherd) and Shokujo (Vega, as a weaving girl). They’re separated by the Milky Way but allowed to meet on the bridge over the river just once a year on that day. The other is “Kikkoden” that prays for the improvement of women’s handicraft skills. In Japan, there’re rituals to purify themselves on the five sechi-nichi (Jinjitu - January 7th, Joushi - March 3rd, Tango - May 5th, Shichiseki - July 7th, Chouyou - September 9th). People bathed on July 7th to clean impurities away. Imperial court and aristocrats in the Nara period (710-784) adopted these events, and then it was spread to the ordinary people. The custom became popular in the Edo period (1603-1868) that setting up pieces of bamboo in the garden and hanging strips of paper of five different colors on that wishes are written. 

Somen (Japanese vermicelli) is the dish for this day. It’s likened to Shokujo’s threads and come from sakupei (noodle made with flour and rice flour).

(The bowl in the photo is made of ice. Prepare for two different size of bowls, pour some water and put in a freezer. That’s it.)

旧暦の77日には、中国ではふたつの行事がありました。ひとつは、天の川にかかった鵲(かささぎ)の橋を渡り、牽牛星と織女星が年に一度出会う「星祭り」、もうひとつは、女性の手芸上達を願う「乞巧奠(きっこうでん)」です。日本では、五節句(人日:17日、上巳:33日、端午:55日、七夕:77日七夕、重陽:99)には、穢れを祓い清める行事があり、七夕の日には水浴びをして穢れを祓っていました。七夕は、奈良時代に宮廷や貴族の間に取り入れられ、その後、庶民に広まりました。笹竹と短冊の風習(若竹に願い事を書いた五色の短冊などを飾り軒先に立てる)は、江戸時代に広く庶民の生活に定着しました。 

七夕の行事食は、素麺です。これは、素麺を織姫の糸になぞらえたもので、索餅(さくぺい、小麦と米粉で作った麺)に由来すると言われています。 

(写真の素麺が入った器は、氷で作りました。二つの大きさの違うボウルに水をはり、冷凍庫に入れるだけです。)

1_2

 

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »