« Joushi, Hina-matsuri & Chirashi-zushi, Clear soup with hamaguri/上巳とちらし寿司、蛤のお吸い物 | トップページ | Lesson for a mother and her son/母と息子の料理レッスン »

2014年3月21日 (金)

Spring Equinox Day & bota-mochi/春分の日&ぼた餅

Spring Equinox Day is around 20th March (20th March this year), and the day is the middle of higan, a week-long Buddhist ceremony celebrated in Japan (Higan literally means the other shore and is the next world for Buddhists.) People clean family Buddhist altar, serve flower and water, invite Buddhist monks to read a sutra, and visit and clean family graves. This is the same with Autumn Equinox Day and higan in September.

Buddhism teaches how to reach from shigan/this world, the agonies of life, to higan/the other world, nirvana. It’s said that rituals are held on Spring and Autumn Equinox Day when day and night are equally long, because Buddhism values middle of the road.  

People prepare for bota-mohi (ohagi) for the day. Bota-mochi is for spring and ohagi is for autumn, because of the seasonal flower/plant; botan/tree peony and hagi/bush clover. Some says koshi-an/sweet smooth bean paste for bota-mochi and tsubu-an for ohagi. There’s no clear distinction between bota-mochi and ohagi. 

春分の日は3月20日前後(今年は3月20日)で、は春分の日を中心に前後3日間の合計7日間が彼岸です。家庭では、仏壇を掃除し、花と水を供え、僧侶に読経をしてもらい、墓参りをして墓石を掃除します。

仏教は、此岸(生死の苦しみに迷う現世)から、彼岸(悟った涅槃の境地)に至ることを教えます。春分の日、秋分の日と結びついたのは、昼夜の長さが等しく、長短のない中道のときで、仏道も中道を尊ぶことから、このときに仏事を行うという考え方が生まれたと言われています。

行事食は、ぼた餅です。春にぼた餅、秋におはぎというのは、季節の花・植物の名前をかけたものと言われていますが、ぼた餅はこしあん、おはぎは粒あんとも言われています。

Photo_3

« Joushi, Hina-matsuri & Chirashi-zushi, Clear soup with hamaguri/上巳とちらし寿司、蛤のお吸い物 | トップページ | Lesson for a mother and her son/母と息子の料理レッスン »

Japanese/日本料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444418/38832775

この記事へのトラックバック一覧です: Spring Equinox Day & bota-mochi/春分の日&ぼた餅:

« Joushi, Hina-matsuri & Chirashi-zushi, Clear soup with hamaguri/上巳とちらし寿司、蛤のお吸い物 | トップページ | Lesson for a mother and her son/母と息子の料理レッスン »