« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年3月

2014年3月23日 (日)

Lesson for a mother and her son/母と息子の料理レッスン

The lesson I had this afternoon was a birthday gift lesson from a mother to her son. We did three kinds of sushi rolls, soup and a fish dish. Request for sushi is not surprising at all, but interestingly how to fillet a fish was one of the things they wanted to learn in the lesson. It was a wonderful sight that a to-be-14-year-old boy fillet a fish. Even in Japan, where fish is much more popular, many housewives don’t know how to do it and prefer to buy fillet. Well done, K!

 

今日のレッスンは、料理が好きな息子の誕生日プレゼントとして、母親が申し込んだものでした。内容は、巻き寿司3種類、汁物、魚料理。ここイギリスでは、お寿司が好き、作り方を習いたいという人は多いですが、今回は、それに加え、魚の三枚おろしも習いたいというリクエストでした。14歳になる男の子が魚をおろす姿は、とても印象的でした。そして、ほぼ初めてなら、骨に身がいっぱいついたり、魚がミンチ状態になったりするのに、とても上手にさばいていました。

 

Photo

2014年3月21日 (金)

Spring Equinox Day & bota-mochi/春分の日&ぼた餅

Spring Equinox Day is around 20th March (20th March this year), and the day is the middle of higan, a week-long Buddhist ceremony celebrated in Japan (Higan literally means the other shore and is the next world for Buddhists.) People clean family Buddhist altar, serve flower and water, invite Buddhist monks to read a sutra, and visit and clean family graves. This is the same with Autumn Equinox Day and higan in September.

Buddhism teaches how to reach from shigan/this world, the agonies of life, to higan/the other world, nirvana. It’s said that rituals are held on Spring and Autumn Equinox Day when day and night are equally long, because Buddhism values middle of the road.  

People prepare for bota-mohi (ohagi) for the day. Bota-mochi is for spring and ohagi is for autumn, because of the seasonal flower/plant; botan/tree peony and hagi/bush clover. Some says koshi-an/sweet smooth bean paste for bota-mochi and tsubu-an for ohagi. There’s no clear distinction between bota-mochi and ohagi. 

春分の日は3月20日前後(今年は3月20日)で、は春分の日を中心に前後3日間の合計7日間が彼岸です。家庭では、仏壇を掃除し、花と水を供え、僧侶に読経をしてもらい、墓参りをして墓石を掃除します。

仏教は、此岸(生死の苦しみに迷う現世)から、彼岸(悟った涅槃の境地)に至ることを教えます。春分の日、秋分の日と結びついたのは、昼夜の長さが等しく、長短のない中道のときで、仏道も中道を尊ぶことから、このときに仏事を行うという考え方が生まれたと言われています。

行事食は、ぼた餅です。春にぼた餅、秋におはぎというのは、季節の花・植物の名前をかけたものと言われていますが、ぼた餅はこしあん、おはぎは粒あんとも言われています。

Photo_3

2014年3月 3日 (月)

Joushi, Hina-matsuri & Chirashi-zushi, Clear soup with hamaguri/上巳とちらし寿司、蛤のお吸い物

Joushi is one of the five sechinichi. (There’re five sechinichi in a year; Jinjitu on 7th January, Joushi on 3rd March, Tango on 5th May, Shichiseki on 7th July and Chouyou on 9th September.) It’s considered in ancient China that negative vibes that cause people harm penetrate on sechinichi, and people used to enter river to wash away physical and mental impurities. The sechinichi was brought in Japan and combined with a Japanese custom that had been already existed; Japanese people used dolls as effigies to rid them of misfortune and disease.

The origin of hina-matsuri/doll festival dates back to the Heian Period (AD794-1192) . People used to float dolls down the river as they believed the dolls would carry their impurities away. This custom started in the Imperial court and spread to commoners around the Edo Period (AD1603-1867). Dolls of emperor and empress, and attendants along with furniture and household goods represent the Imperial court. Traditionally emperor doll used to be on the left (right from observers), because the left side was superior. Since the cultural enlightenment after the Meiji Restoration in 1868, emperor doll sits on the right (left from observers), but some regions and families still decorate dolls in a traditional way. 

Chirashi-zushi and clear soup with hamaguri/common oriental clam are the festive dishes for the day. Auspicious ingredients such as shrimp (longevity), renkon/lotus roots (prospect), beans (live healthy and work mameni/diligently, mame means beans) are used for the sushi, besides something green, yellow and red that would make it colorful and represent spring.  Hamaguri/common oriental clam is bivalve, that is, shells are paired, and it represents faith and good match.

上巳は、五節日のひとつです。(節日は年に5日あります。1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午、7月7日の七夕(しちせき)、9月9日の重陽で、五節日と言われます)。古代中国では、節日には災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、川の水に心身のけがれを流して厄を祓ったりしたそうです。節日が中国から日本に入り、元々、日本にもあった形代(身代わり信仰)が上巳節と結びついて、日本独自の文化となりました。

雛祭りの起源は、平安時代まで遡ります。上巳の日に、川で身を清め不浄を祓う上巳の祓が取り入れられ、形代を作り、撫でて穢れを移し、川や海に流して災厄を祓う祭礼となったそうです。そして、宮中、貴族の子女の間で、雛遊び(紙の人形を使った遊び)が盛んになり、上巳の節句と結びつきました。雛人形が立派になると、流すのではなく、飾るものへ変化したようです。江戸時代には、幕府が五節句を制定し、3月3日が桃の節句になりました。内裏雛は、宮中の並びを模したものです。古来、男雛を左(向かって右)に置いたのは、左の方が上位だったためです。文明開化以降は、男雛を右(向かって左)に置くことが多いですが、地域や家庭によっても異なるようです。

行事食は、ちらし寿司と蛤の吸い物です。ちらし寿司の具は何でもいいのですが、海老(長寿)、蓮根(見通し)、豆(健康でまめに働ける)など縁起のいい具を使ったり、緑(三つ葉、鞘豌豆、葉の花)、黄色(錦糸玉子)、赤(人参)などを使うと、彩りも華やかになり、春らしくなります。蛤は、対の貝殻しか合わないため、貞操を表し、良縁の願いがあります。盛り付けるときは、口の開いた貝の両方に身をのせます。

P1070275

« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »