« Conger myriaster/鱧料理 | トップページ | Shichiseki (Tanabata) and vermicelli/七夕(しちせき、たなばた)と素麺 »

2013年7月 5日 (金)

Kitchen utensils in Japanese restaurantsやっとことやっとこ鍋

This utensil called ‘yattoko and yattoko-nabe’. They’re commonly used in Japanese restaurant.
Yattoko is a pincer-like tool to hold pans. You might think it’s not convenient and a pan might fall down, but they’re practical tools and no worries to drop. Yattoko-nabe is a pan and it has no handle. Why don’t Japanese chefs use pans with handles and yattoko? There are several reasons. One is to prevent pans from burning. Handles of Japanese pans are made of wood, and kitchen for commercial use has wider and stronger hob compared to the one for home use. Two is chefs use pans for many different ways. For example, cooking on the hob first, then cooling down on ice water, then keeping in a fridge. Work would be easier without handles. Three is to keep the traffic in kitchen open, then accidents like chef’s apron catches a pan can be avoided.

日本料理のお店で必ず見るのが、この「やっとこ」と「やっとこ鍋」です。ペンチみたいな器具で、柄のない鍋を使います。使い勝手が良くなさそうに見えますが、実は機能的にできています。鍋を落とす心配もありません。

やっとことやっとこ鍋が使われるにはいくつか理由があります。まず、業務用のガスコンロは家庭用よりも大きく、火力も強いので、柄があると焦げるのを防げます。次に、ひとつの鍋で加熱調理した後、氷水で冷却し、その後は冷蔵庫での保存・・・のように、多機能に使うことができます。そして、調理場の動線を確保し、調理師の体や衣服がひっかかるのを防ぎます。

P1130865


« Conger myriaster/鱧料理 | トップページ | Shichiseki (Tanabata) and vermicelli/七夕(しちせき、たなばた)と素麺 »

Japanese/日本料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444418/52315252

この記事へのトラックバック一覧です: Kitchen utensils in Japanese restaurantsやっとことやっとこ鍋:

« Conger myriaster/鱧料理 | トップページ | Shichiseki (Tanabata) and vermicelli/七夕(しちせき、たなばた)と素麺 »