« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

‘The Waving Cat of Japan’/イベントのお知らせ

This is an event announcement!
The Waving Cat of Japan’ is performed on 2nd June (11:00 am and 2:00 pm) at Winchester Discovery Centre. Kitchen Wakako offers small bento boxes for children and some other Japanese foods at the venue. See you there!
 

62日(日)にウィンチェスターのディスカバリーセンターで、The Waving Cat of Japanというパフォーマンスがあります。会場では、子ども向けのお弁当、その他日本食を用意させて頂きます。

2013年5月25日 (土)

Taste Japan! – sushi workshop/お寿司のワークショップ

I had a sushi workshop today. It was for the training session for Hampshire Learning Tutor. Besides I made green tea cakes for their tea time, at my workshop, starting the introduction of the history of sushi, I talked about the types of sushi, how to choose chopsticks and dos and don’ts with chopsticks. And the main part of my workshop was making sushi rolls. People think the origin of sushi is Japan, but it’s yes and no. And, the participants looked surprised with many dos and don’ts with chopsticks. As one of the participants said at the wrap-up session, trying is discovering. This workshop reassured me that experience is a great teacher.

今日はハンプシャー州のチューターを対象にした研修で、お寿司のワークショップを行いました。休憩時間のために抹茶ケーキを作り、自分のワークショップでは、お寿司の歴史に始まり、お寿司の種類、お箸のタブーなどを話しました。もちろん、メインは巻き寿司です。お寿司は日本が発祥だと思われていますが、答えはイエス&ノー。お箸のタブーの多さにも参加者は驚いていました。閉めのセッションでは、ある参加者は試すことで発見があると言っていました。私もこのワークショップを通して、経験して知ることを再確認しました。

P1130598

2013年5月24日 (金)

Japanese Home Cooking/今月のレッスン

Japanese Home Cooking lessons are taking place at Clos du Marquis French Pantry from this month. I had the lesson this morning. The menus were scattered sushi, clear soup with wakame seaweed and leek, asparagus salad with ponzu dressing and broiled salmon in Rikyu style.
You can learn and expand your repertoire of cooking by following what recipe books say, but you can learn what’s behind the recipe, which I think is one of the keys to improve cooking skills, by attending lessons. I reassured that at today’s lesson, when my students asked me one of FAQ - “Why do you fan the rice?” and when I shared ‘itazuri’, which literally means ‘board rubbing’, for asparagus.
June lesson is up on my website, if you’re interested. The menus will be corn rice, scrambled egg soup, five-color namasu salad and chicken teriyaki.

今月から、日本の家庭料理のレッスンは、Clos du Marquis French Pantryで行います。今朝、そのレッスンがありました。今月のメニューは、五目ちらし、若芽と葱のすまし、鮭の利休焼き、アスパラガスのポン酢サラダでした。レシピ本で料理の幅を広げることもできますが、レッスンを通して、レシピに書かれていないことを学ぶのは料理の腕を上げる一法でもあると思います。今日のレッスンでは、お寿司のレッスンでは必ず聞かれる「どうしてご飯を冷ますのか?」と聞かれたり、アスパラガスの下準備としてした板ずりを通して、それを再認識しました。

20130523_lesson

2013年5月16日 (木)

Dried vegetables/干し野菜

There’re a lot of Japanese food shops in London, however, there’re few in my town. It sometimes causes inconvenience when I want real Japanese materials. ‘Making your own’ is a solution if it’s not available. Dried mouli is so popular in Japanese kitchen that you can buy it at any supermarket through the year, but you can make it very easily. While I was in Tokyo, I used to dry vegetables often in autumn and winter when it’s cold and dry. Many vegetables, mushrooms, mouli, zucchini, lotus roots, broccoli, carrots, even green salad can be dried out. Nutrition and flavor increase when they’re dried, and it’s convenient to have such in stock. 

Mouli was about to die in a local food shop, and the owner gave me them for free, so I made my own dried mouli. 

ロンドンには数多くの日本食材店がありますが、私の住む町にはオリエンタルショップしかありません。日本のものがなくて不便だなと思うこともありますが、無いなら自分で作ればいいのです。地元のオリエンタルショップに行ったとき、かなりしなびてきた大根を「持って行ってもいいよ」というので、2本頂いてきました。切干大根を作るためです。日本だったら、スーパーで年中売っていますが、秋から冬にかけてはよく乾燥野菜を作っていました。大根、椎茸、ブロッコリー、キノコ類、人参、蓮根、ズッキーニ、葉野菜など、切って干すだけで、簡単に作れますし、干すことで野菜の栄養価も高まりますし、ちょっと欲しいときなどにも重宝します。

P1130555

 

You just need to cut and dry them. I shredded them this time, however, you can slice thinly or thickly. Shape or thickness doesn’t matter.

作り方は簡単、切って、干すだけです。今回は千切りにしましたが、薄め、厚めのスライスなど、形状や厚さは問いません。

P1130561

 

I could see how dry it is in the U.K. It took only a few days, while it does even more in Japan.

やはりこの国は乾燥しています。数日でカリカリです。

P1130571

 

The dried mouli can be turned into a salada like this, for example.

できた切干大根は、例えば、こんな風に使います。

 

 

 

2013年5月12日 (日)

Torte di ricotta/リコッタチーズのタルト

What is good about living in western countries in terms of foods is dairy products. They’re very nice and not expensive. It’s so in the U.K. too. I would say milk tastes much better in Japan, but other dairy products such as yogurt, cheese, etc are so delicious and not as expensive as in Japan. And there’re so many kinds. Different from when I was in Japan, now I don’t have to hesitate to buy ricotta and mascarpone that are often used for Italian cooking. 

There’re many recipes for the ricotta torte. This one has chocolate chunks and zest of lemon and orange. Refreshing flavor of citrus and sweetness of chocolates makes the simple taste of the cheese rich.

 

欧米諸国の食生活で嬉しいことは、乳製品が安く美味しいことです。イギリスでもそうです。牛乳は日本のほうが美味しいと思いますが、ヨーグルトやチーズなどは(日本と比べると)安いですし、種類も多く、美味しいです。日本にいた頃とは違い、イタリア料理でよく使うリコッタやマスカルポーネを買うのにも躊躇しません(笑)。 

リコッタチーズのタルトは数多くありますが、これはチョコレートのチャンク、オレンジとレモンの皮を混ぜて焼いています。柑橘類の爽やかさとチョコレートの甘味が、シンプルなリコッタをリッチにしてくれます。

1_8

2013年5月 8日 (水)

Apple trees/りんごの木

There’re two apple trees in our garden. The trees were all green only with the leaves when I moved to this country around this time last year. But flowers are finally starting now as spring was late this year. Though we don’t fertilize, they bear fruits in autumn, and my husband made apple crumble and pies. 

私たちの住む家の庭には、りんごの木が2本あります。私がこの国に来たのは去年の今頃で、そのときは、もう花は散り、木は葉っぱで緑一色でしたが、今年は春の到来が遅かったので、最近になってようやく花が咲き始めました。肥料をあげたり、世話をしなくても、秋にはちゃんと実がなります。去年は、アップルクランブルやアップルパイを作りました。

P1130513_5

 

食べ物とは関係ないですが、先日、庭にこんな珍客も・・・。

This is nothing to do with foods, but we had rare visitors…

P1130504

 

 

2013年5月 5日 (日)

Tango & Chimaki, kashiwa-mochi/端午と粽、柏餅

Same as Joshi, Tango is one of the five sechinichi (seasonal juncture), and negative vibes that cause people harm are considered to penetrate on this day. To drive evil spirits away, people decorated a doll-shaped ornament made by yomogi (mugwor) on the eaves, drank iris sake and took an iris bath to purify themselves.

That was brought in Japan in the Heian Period (AD794-1192) and became a court event. They put iris on, wiped the roof with it, decorated balls made of iris and mugwort. In Kamakura/Edo period, people linked shoubu (iris) with shoubu (respect for military art) and shoubu (win and lose). They started to decorate armor with iris and did yabusame, and it eventually turned into a festival for boys. Edo shogunate set Tango as one of the gosekku (five festival days), and it has taken root in society as the day to wish boys grow, be strong, and be successful.

Koinobori and gogatsu-ningyo are the decoration for the day. Koinobori (carp-shaped streamers), which originates in Chinese legends (carp become dragons when they swamp up whitewater rapids), are the symbol of strength and success in life. Gogatsu-ningyo comes from belief that dolls are effigy to take all the bad luck, and miniature samurai armor and helmets represent feudal generals to wish boys grow as strong as warriors.

Chimaki and Kashiwa-mochi are the festive foods for the day. Due to historical and cultural reasons, chimaki is common in the west part of Japan, while Kashiwa-mochi is in the east. The origin of chimaki is China, where people made it on 5th May to protect them against evils. It’s tied with threads of five colors (red, blue, yellow, white and black) to remove evils.

Kashiwa (oak tree) was believed to be a holy tree. Its old leaves don’t fall till it starts to come out, which related with peoples’ wish that parents don’t pass away until their baby is born (=being gifted with heir and children).

端午は上巳と同様、五節日のひとつです。古代中国では、節日に災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたので、厄払いの行事として、蓬で形(ひとがた)を軒に飾ったり、菖蒲酒を飲んだり、菖蒲湯につかってお祓いをしていました。 

これが平安時代に日本に伝わり、端午の節会(せちえ)になりました。菖蒲で屋根を葺いたり、身に付けたり、菖蒲や蓬を丸く編んで五色の糸を結んだ薬玉(くすだま)を飾ったりしたそうです。鎌倉・江戸時代には、「菖蒲」が「尚武(武を尚(たっとぶ))」や「勝負」となり、葉の形が剣に似ていることから、兜に菖蒲を飾ったり、流鏑馬(やぶさめ)をするようになり、男の子のお祭りに変わっていきました。江戸幕府が端午を五節句のひとつに定めると、男の子が強く逞しく成長し、立身出世することを願う行事として定着していきました。 

鯉のぼりは、古代中国の故事(登竜門)に由来し、人生という流れのなかで遭遇する難関を鯉のように突破し、立身出世して欲しいという願いが込められています。日本では、将軍に男の子が生まれると、旗指物(家紋のついた旗)や幟(のぼり)を立てて祝う風習がありました。これが武家に広がり、男の子が生まれた印として幟を立てるようになったそうです。江戸時代には、立身出世の象徴となった鯉を幟にするアイデアが庶民の間に生まれ、武家の幟に対して、町人の間で鯉のぼりが揚げられるようになりました。 

五月人形は、人形が人の厄を受けてくれるという身代り信仰のひとつです。勇ましい男子に育つように願いが込められています。鎧や兜は武士の命を守る道具で、それらを飾ることで、様々な災いから子供を守って逞しく成長することを願います。 

行事食は、粽と柏餅で、歴史的、文化的背景から、関西は粽、関東は柏餅が主流です。粽の始まりは中国で、55日に粽を作って災いを除ける風習が日本に伝わりました。粽は邪気を払う5つの色(赤・青・黄・白・黒)で結ばれています。一方、柏餅は日本独自のもので、江戸時代に江戸で生まれました。柏はは神聖な木とされており、新芽が出ないと古い葉が落ちないので、「子供が生まれるまでは親は死なない」(=「後継ぎが途絶えない」、「子孫繁栄」)に結びつき、端午の節句の縁起のいい食べ物となりました。

1

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »