« White vegetable stew/野菜のホワイトシチュー | トップページ | Deep-fried lotus roots sandwiches with shrimps/蓮根のはさみ揚げ »

2012年11月19日 (月)

Oni-manju/鬼まんじゅう

Oni-menu literally means ‘demon bun/cake’.  I suppose why it’s called that way might be because this rockiness reminds of demons themselves as well as where demons live, though the image of demons in Japan and western countries may be different.  Main ingredient is sweet potatoes.  It’s a local and popular sweet in Nagoya, where I’m from, and this menu cannot be found in other parts of Japan.

Harshness is strong with Japanese sweet potatoes, and it contains pigment near the skin, which changes the color (yellow) to green.   Peel the skin thickly and soak in water after cutting, the yellow color that sweet potatoes have will be kept and the harshness will be removed.  It turns beautiful yellow by soaking in water with alum.

鬼まんじゅうは、名古屋では人気のさつまいもを使った蒸し菓子です。名古屋近辺では、和菓子屋さん、スーパー、コンビニなどあらゆるところで見かけますが、名古屋を出て初めて、名古屋にしかないことを知りました。

さつまいもはアクが強く、皮に近いところにあるヤラピンという色素により、変色します。皮は厚めにむき、水にしばらく浸すことで、さつまいも本来の黄色が保て、アクもとることができます。水にミョウバンを入れると、鮮やかな黄色になります。

P1120512

« White vegetable stew/野菜のホワイトシチュー | トップページ | Deep-fried lotus roots sandwiches with shrimps/蓮根のはさみ揚げ »

Japanese/日本料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444418/47881111

この記事へのトラックバック一覧です: Oni-manju/鬼まんじゅう:

« White vegetable stew/野菜のホワイトシチュー | トップページ | Deep-fried lotus roots sandwiches with shrimps/蓮根のはさみ揚げ »