« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月25日 (火)

An article on Hampshire Society/地元雑誌の記事

Hampshire is a county that I live.  There’s a monthly free magazine called “Hampshre Society”.  A bit about myself, who is trying to bring authentic Japanese flavor to this country, is introduced in the October edition.

ハンプシャーは私が住むカウンティー(行政区)です。「ハンプシャーソサイエティ」という月刊フリーマガジンの10月号に、本当の日本の味をこの国に伝えようとしている私のことがほんの数行だけですが紹介されました。

Photo

2012年9月18日 (火)

Japanese cooking lesson at Sakura Restaurant/日本料理店でお料理教室

By courtesy of Sakura Restaurant in Winchester, Hampshire, Japanese cooking lessons at their kitchen are going to be held.  The first lesson will be on 12th October.  The menu will be Temari zushi (Decorated round sushi), Sayaingen no ae-mono (String beans dressed with sesame sauce) and Kakitama-jiru (Clear egg soup).  I appreciate their kind and generous offer.  And, I appreciate my husband and his friend to support my culinary business and make it happen.

ハンプシャー州ウィンチェスターにあるSakura Restaurantのご厚意で、日本料理のレッスンを始めることになりました。初回レッスンは1012日、メニューは手毬寿司、鞘隠元の胡麻和え、かきたま汁です。このような機会を与えて下さるSakura Restaurantに感謝し、私のビジネスを実現に導いてくれた主人と主人の友人に感謝します。

P1030642

2012年9月17日 (月)

Quinoa salad/キヌアサラダ

Quinoa is originated in the Andean region.  Compared with other cereal grains, it’s richer in protein and minerals such as calcium, phosphorus, magnecium and iron.  It contains essential amino acid such as lycine, isoleucine, and methionine.  (There’re nine kinds for essential amono acids.  They cannot be synthesized in our body, therefore, we need to take them from daily diets.)

Quinoa is cooked just like rice.  And, it can be prepared like couscous, which means it can be for salad or side dish for, for example, lamb chops.

キヌアはアンデス原産の穀物で、蛋白質、カルシウム、リン、マグネシウム、鉄分などのミネラルが豊富です。リジン、イソロイシン、メチオニンなどの必須アミノ酸を含んでおり、非常に栄養価の高い食品です。(必須アミノ酸には9種類あり、体内では生成されないアミノ酸のため、食品から摂取する必要があります。)

キヌアを炊くのは、お米を炊く方法と同じです。使い方はクスクスと同じように、サラダにしたり、ラムチョップのような肉料理のサイドディシュにもなります。

P1120069

2012年9月12日 (水)

Lunch with restaurant professionals/レストランのプロをランチにご招待

I’m working as a consultant to a local Japanese restaurant.  The manager and chefs are not Japanese, though they’ve lived in Japan and worked in Japanese kitchens.  They’re keen to bring the best of Japanese cuisine to the people in the town, so I invited them for lunch at my place.  The menus were: dashimaki tamago (Japanese rolled omelette), tomato salad with tosazu (bonito-flavored vinegar) gelée, agedashi dofu (fried tofu in grated mooli soup), salmon rice and miso soup.  Some of them are the same dishes offered at their restaurant.  I did seasoning as I do in Japan and for Japanese people, which means I didn’t adjust it for British people’s preference, so that they could know what real Japanese dishes are like.

The tastes of materials are valued and maximized in Japanese cuisine, therefore, foreign people who are used to strong tastes tend to think something is missing.  In spite of their gastronomic background, they seemed to enjoy it, and I’m glad that they liked the tableware and presentation.

オープンして間もない日本料理のお店のコンサルタントを始めています。オーナー、シェフともに日本料理の経験はあっても、日本人しか分からない本当の日本の味、料理を知ること、それを提供することに熱心な方たちです。今日は我が家にお招きし、日本人の私が、日本人好みの味付けで、彼らのメニューにある料理も交えたランチを用意させて頂きました。献立は、出汁巻き卵、トマトの土佐酢ジュレ、揚げ出汁豆腐、鮭のおこわ、味噌汁です。

素材の味を大事にする日本料理は外国人には「物足りない味付け」ですが、どれも満足して頂けたようです。料理だけでなく、使った器やプレゼンテーションも気に入ってもらえました。ネクストステップが楽しみです。

Photo_2

2012年9月 5日 (水)

Gomoku-zushi, steamed egg soup, and green beans dressed with sweet sesame paste/五目寿司、茶碗蒸し、鞘隠元の胡麻和え

Japanese dishes are on our table more often these days, as I test menus for the project.  What I cooked tonight is a very typical menu.  I hadn’t made sushi for the four months since I came to the U.K.  Sushi is delicious indeed, and it’s surely food for the soul for us Japanese.  While foreigners might know only nigiri and maki, gomoku-zushi is a sushi that is often prepared at home for festive occasions.

The Japanese love steamed egg soup, but I know from experience that it’s a love-it-or-hate-it thing for foreigners.  Heat control is key for any egg dishes, and the same for this steamed egg soup: the whole soup doesn’t set if the surface does not set in the first few minutes.  To avoid failure, what I recommend is “jigoku-mushi”, which literally means “hell steam.”  You put ramekins directly in boiling water to steam.

For ae-mono, I chose green beans and sweet sesame paste.  Sugar is often used in Japanese cooking, which is rare in worldwide cuisines, and I wanted to see with my husband if sweet dishes are acceptable.

プロジェクト用のメニューと試作のため、最近、和食が食卓によくあがります。今日は代表的な献立です。意外にも、こちらに来てからの四か月の間、お寿司は作っていませんでした。やっぱり、お寿司は美味しいし、気分も上がります。お寿司にもいろいろあり、外国人によく知られているのは、握りや巻きですが、今日のお寿司は、家庭でハレの日によく作られる五目寿司です。

日本人なら大好きな茶碗蒸しも、外国人には好き嫌いが分かれるので、今まで作っていませんでした。卵料理は火加減が難しく、最初の数分で表面を固めないと、どれだけ時間を費やしても固まりません。絶対に失敗しない、私のおすすめは、沸騰したお湯のなかに蒸し茶碗をそのまま入れて蒸す「地獄蒸し」です。

和え物は何でも良かったのですが、冷蔵庫に鞘隠元があったのと、胡麻和えのように甘いおかずは大丈夫かどうかを主人で試してみました。すごく美味しいらしく、甘さも気にならないそうです。

今回、彼が言った面白い言葉。

「変な匂いがする。中年おやじの靴下みたい」(五目寿司と茶碗蒸しの具の干椎茸を煮た後、帰宅してドアを開けたときに、鼻をクンクンさせながら言った一言)

「ナメクジのような食感」(茶碗蒸しの干椎茸を食べたときの一言)

3

Left-over sushi is remade as chakin-zushi, wrapped by egg crepe.

残ったお寿司は、薄焼き卵を作って、茶巾寿司に。イギリスの卵は色が薄いです。

Photo

2012年9月 1日 (土)

How to make crispy chicken teriyaki/カリカリの鶏の照り焼きの作り方

My husband looked like he wants to say something while eating my chicken teriyaki.  He asked if I cooked it differently this time, because he thought that the chicken teriyaki I cooked in Tokyo was cripier.  The answer was the ingredients and method were the same as usual, but the frying pan was different.

I used his non-stick pan, but if you’d like to make chicken skin crispier, a metal one is better.  Not only for chicken teriyaki, to make chicken skin crispy, start to cook with the skin down and allow time to cook over medium-low heat.  Also, oil from chcken skin (remove skin, take time and cook it over low heat, then oil comes out from the skin and the skin gets very crispy) add flavor to stir-fry dishes.

夜ごはんのおかずに鶏の照り焼きを食べながら、主人が首をかしげていました。美味しくないのかな・・・と思い、聞いてみると、「作り方変えた?東京で(私が作ったものを)食べたときは、もっと皮がカリカリだった。」と。材料も作り方も同じだったのですが、答えは「フライパンが違う」でした。

今回はテフロン加工のフライパンを使いましたが、メタルを使ったほうが、カリカリに仕上がります。また、照り焼きに限らず、皮をカリカリにしたいときは、最初は皮を下にして、中弱火でじっくり加熱します。炒めものには、鶏の皮をはがし、その皮を弱火でじっくり加熱すると油が出てくるので、その油を使って具材を炒めると旨味が増します。

Photo

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »