« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月27日 (水)

Plum wine/梅酒

My family’s plum wine making goes back to 45 years ago, when my parents got married.  Somewhere down the line, my mother and I started to make two bottoles every year; one is for years and years later so that we can enjoy its matured taste, and one is for immediate drink.  My husband loves my family’s plum wine.  Luckily we’ve got Japanese plums, so we decided to make our plum wine to commemorate our marriage year and to have it matured taking long time.

For the plum, green one gives plain and sour flavor, while ripe one mild and fruity flavor.  If too ripe, skin gets bruised in the maturing process, and the wine will lose the clearness.  By using frozen plums (freeze plums for over 48 hours, cells get destroyed and the constituents, e.g. citric acid, sorbitol, polyphenol etc, can be extracted to the fullest.

For sugar, rock candy is commonly used.  Granulated sugar, coarse sugar, or brown sugar lump can be also used.  Plain sweetness that the granulated sugar has keeps the fruit flavor.  The amount of sugar used depends on your preference.  Still, over 60% of fresh plums, or 40% for frozen ones is needed.

For alcohol, any kou-rui (high class) alcohol that contains over 35 percent of alcohol (e.g. whiskey, vodka, gin, brandy etc) can be used, and different kind of alcohol creates different flavor.

我が家の梅酒作りの始まりは、両親が結婚した約45年前まで遡ります。いつの頃からか、母と私で毎年2本、ひとつは長期熟成用、ひとつはすぐ飲む用に作り始めました。その梅酒は主人のお気に入りです。タイミングよく青梅が手に入ったので、結婚したこの年に梅酒を作り、時間をかけて熟成させてようということになりました。

梅は、青梅を使うと、酸味があり、さっぱりとした風味に、熟した梅を使うと、フルーティーでまろやかな風味になります。黄熟しすぎると、皮が破れる可能性が高くなり、濁る原因になります。梅は48時間以上冷凍すると、細胞が破壊され、クエン酸、ソルビトール、ポリフェノールなどの機能性成分を最大限に抽出できます。

砂糖は、氷砂糖が一般的ですが、グラニュー糖、ザラメ、黒砂糖などでもよく、グラニュー糖は甘味がさっぱりしていて、果物の持ち味が活かされます。砂糖の量は、生の梅の場合は梅の重量の60パーセント以上、冷凍梅の場合は40%以上で漬けるといいです。

アルコールは、果実酒用のホワイトリカー以外に、焼酎、ウイスキー、ウォッカ、ジン、ブランデーなどのお酒でいろいろなバリエーションが楽しめます。

P1110717

2012年6月25日 (月)

Elderflower cordial/エルダフラワーのコーディアル

Elderflower is blooming here and there.  Elderflower cordials are available through the year, but it’s only this time of the year if you want to make home-made one.  Bring water with sugar into a boiling and cool it down.  Add sliced lemons and elderflower, and leave it for a couple of days.  Strain it through filter paper, and add water or lemonade.

エルダフラワーは今の時期、あちこちで咲いています。とても小さな花です。エルダフラワーのコーディアルは市販されているので年中買えますが、自家製はこの時期にしか作れません。砂糖と水を沸騰させたら冷まし、レモンのスライスとエルダフラワーを加え、三日間ほどおいておきます。濾して、水やレモネードなどで割って頂きます。

Elderflower1

P1110715_3

2012年6月24日 (日)

Sashimi/刺身

I was back in Japan for a week.  I was so hugry for fish, and sashimi (raw fish) was such a joy.  Tipps in serving sashimi are; choose a plain plate, follow the Sansui (Sansui is literally mountain and river.  It means natural landscape.) style, that is, serving high in center, place red meat at the far side and white meat on the front side.  Japanese cuisine has yin and yang, therefore, the number of fish follows yang, that is, odd number.

約一週間、日本に一時帰国をしました。食べたい!と思うのは、やはり、お魚。お刺身の盛り合わせなんて、悲鳴をあげてしまいます。お刺身を盛るときのコツは、お皿は渋めにする、山水(中心を高くする)に盛る、赤身は向こう側、白身を手前に置くことです。また、日本料理には陰と陽があるので、盛り付ける品数は陽(奇数)にします。

P1110711

2012年6月 5日 (火)

Goat milk/山羊のミルク

Goat milk has been hooked in my mind since I found it in a supermarket.  I’ve traveled most of European countries but I don’t think I’ve ever seen goat milk.  I’ve been so curious what it’s like, and the day has finally come.  It wasn’t as smelly as I thought, but five sips was enough for drinking.  The rest will be used for cooking, maybe.

こちらに来てからずっと気になっていたのが、山羊のミルク。ヨーロッパ諸国、多く見てきたものの、山羊のミルクを見た記憶はありません。匂いがきつそう、でも、どんな味がするのか興味津々で、しばらく家にいる日が続くので、試してみました。思ったほどの匂いはきつくないものの、五口が限度かな・・・。残りは料理に使おうと思います。

P1110636

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »