« Reduction food/低カロリー食 | トップページ | Chikuzen-ni/筑前煮 »

2012年5月21日 (月)

Nigiri (hand-shaped)-zushi/握り寿司

Sushi was the first thing that I chose for my frist meal in Japan. It’s been only a couple of weeks since I left, but juming on to sushi was like a foreign tourist.

When it comes to writing about sushi, there’re are enough stories to fill a book, so here is a bit about difference between sushi in Kansai (western Japan) and Kanto (eastern Japan). In Kanto, what they call sushi is edomae-zushi, nigiri (hand-shaped) sushi. As it started as a snack, the taste of sushi rice is not sweet (to match with sliced fish on top) and very little of sushi rice is used. On the other hand, as it can be seen that maki-zushi and oshi-zushi are poupular sushi in Kansai, sushi was a meal. Therefore, they use a lot of sushi rice and sweet sushi rice is better for such sushi.

Nigiri-zushi must be “sushi” for foreigners, while there’s a variety of sushi. It seems difficulut for them to understand why it takes so many like 10 years to be able to shape sushi. Shaping sushi is not like making a chunk of sushi rice. The temperature of sushi rice, pressure that is not to loose and not too tight … etc, many things to know and to do right.

 

帰省中、真っ先に食べたのが握り寿司でした。まだ日本を離れて数週間なのに、観光に来た外国人みたい・・・って苦笑しながら頂きました。

寿司について書くと、一冊の本になるほどですが、関西と関東の違いについて少しだけ書いておきます。江戸前寿司というのは、この握り寿司を中心にした寿司のことです。関東の寿司は、いわゆる、おつまみ的な存在なので、ネタを活かすにも、すし飯の味は甘くなく、使う量もわずかです。一方、関西の寿司は、食事的な存在です。巻き寿司や押し寿司から分かるように、すし飯を多く使いますし、甘めのすし飯が合います。

外国人にとって寿司と言えば、握り寿司だと思いますが、この握り寿司を一人前に握れるようになるまでには10年以上の修行が必要と言われているということが、なかなか理解されません。すし飯の温度、きつすぎず、弱すぎず握る程度など、ただ、すし飯の塊を作ればいいだけではないんですね。

P1110644

« Reduction food/低カロリー食 | トップページ | Chikuzen-ni/筑前煮 »

Japanese/日本料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444418/45343611

この記事へのトラックバック一覧です: Nigiri (hand-shaped)-zushi/握り寿司:

« Reduction food/低カロリー食 | トップページ | Chikuzen-ni/筑前煮 »