« Chikuzen-ni/筑前煮 | トップページ | Summer salad with tosazu gelée/トマトの土佐酢ジュレ »

2012年5月29日 (火)

Furofuki-daikon (and, unvisible work)/ふろふき大根(と、ひと手間)

We had a Japanese dinner tonight, and one of the dishes that I prepared was furfuki-daikon.  I explained my husband; to precook in the water used to wash rice so that daikon will be crystal clear, to do mentori (cutting edges) so that the shape will be remained, and to make cuts on the bottom so daikon will absorb cooking liquid.  It was a part of my explanation that Japanese cooking requires some unvisible work, however, unfortunately it didn’t interest him much.

ふろふき大根を晩御飯(今日は和食ディナー)の一品にしました。主人に、米のとぎ汁で下茹でをすることで透明の仕上がりにすること、面取りをすることで荷崩れを防ぐこと、格子上の切り込みを入れることで昆布出汁のしみこみをよくすることなど、知っていないと気付かない和食の手間を話しても、「ふーん」ぐらいなのが残念でした。

P1110694_4

« Chikuzen-ni/筑前煮 | トップページ | Summer salad with tosazu gelée/トマトの土佐酢ジュレ »

Japanese/日本料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444418/45471523

この記事へのトラックバック一覧です: Furofuki-daikon (and, unvisible work)/ふろふき大根(と、ひと手間):

« Chikuzen-ni/筑前煮 | トップページ | Summer salad with tosazu gelée/トマトの土佐酢ジュレ »