« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

Tube cake/シフォンケーキ

It’s been so busy with no time even to cook, but I’ve barely got a time for baking, so I baked two kinds of tube cakes; plain and early grey. For earl grey tube cakes, you can use the same ingredients for the same amount as what you need for the plaine ones. However, for green tea and moca tube cakes, for example, the amount is differet. Make merengue just after the other mixture is prepared and just before you put it in the oven. If merengue is too stiff, it won’t be mixed well with the other mixture. When it’s put in the mold, leave some space on top and make dent in the center. As the cake is simple, it goes well with whipped cream and ice cream.

ケーキを焼く時間が少しだけできたので、敢えて、ほとんど作らないシフォンケーキ(プレーンと紅茶の2種類)にしました。紅茶のシフォンケーキは、プレーンの材料、配分と同じでできます。抹茶やモカなどは、配分が違ってきます。メレンゲは、生地の準備をしておいてから作ります。また、メレンゲが固すぎると、生地と混ぜ合わせたときに残ってしまいます。型に入れたら、上部に隙間を作り、中心部はへこませると、形よく焼けます。シンプルなケーキなので、クリームやアイスクリームと合います。

P1110329

Photo_2

2012年2月18日 (土)

Masala chai/マサラチャイ

I drink masala chai almost every day in winter. Bring water to a boil in a small pan, then add tea leaves and spices and simmer over low heat for a couple of minutes. Pour the same amount or 1.2 times of milk, and sugar or honey is also added. As I’d better be careful with sugar consumption, I don’t sweeten the masala chai, though sweet one tastes better.  As to the spices, whatever you like is fine. Basically my masala chai has caldamon, clove, and cinnamon, sometimes, ginger and pepper are added. You can buy a mixed spice power, which I bought in India this time last year.

マサラチャイは、特に寒い冬は毎日のように飲みます。小さいお鍋に水を沸騰させ、茶葉とスパイスを入れて、弱火で数分煮出します。そこに、水と同量か1.2倍ぐらいの牛乳を加えます。このときに、砂糖かはちみつも加えますが、私は砂糖の取り過ぎが気になるので、甘くせず、「我慢」します。(マサラチャイは、甘くしたほうが美味しいですが・・・) 使うスパイスは好みでいいですが、私はカルダモン、クローブ、シナモンは必ず、ときには生姜や胡椒も加えます。パウダー状のミックススパイスもあります。写真のものは、去年の今頃、インドで買ったものです。

P1110319

P1110317

2012年2月15日 (水)

Pork ginger bowl/豚の生姜焼き丼

I’ve been eating lunch at home these days. I feel so good, when “cheap, quick, and delicious” lunch or weekdays dinner is prepared. Pork ginger bowl was exactly the one. Sliced pork that I bought at Sunday moring sale was 68 yen per 100gram (cheap), pork ginger can be cooked after marinated for 10 minutes (quick), and rice bowl, whatever it is, tastes good (delicious). I was cooking only foy myself and eating the rice bowl alone, still my fist was pumped.

この数日、家ランチが続いています。お昼ごはんか平日の夜ごはんで、「安い、早い、美味しい」料理が用意できると、非常に達成感を感じます。豚の生姜焼き丼は、まさにそれです。朝市で買った豚小間は、確か100g68円で「安い」ですし、生姜焼きは10分ぐらい漬けておけば調理できるので「早い」ですし、基本、何でもどんぶりは「美味しい」です。思わず、家でのひとりランチにガッツポーズ。

Photo


2012年2月12日 (日)

Salame di cioccolato/チョコレートサラミ

Salame di cioccolato came across my mind all of a sudden, though the dolce was one of my requests at the cooking lessons in Florence last autumn. And yes, Valentine’s day is just around the corner. The name comes from how it looks; salame. It’ll look more of it, if wrapped in a net and/or frosted with powder sugar.

昨秋、フィレンツェでのプチ修行のときにリクエストしたひとつなのに、すっかり忘れていて、ふと思い出して作りました。そして、気が付けば、もうすぐバレンタイン。お菓子だけど、見た目がサラミなので、「チョコレートサラミ」です。網で巻いたり、粉糖をまぶすと、もっとサラミっぽく見えます。

P1110313

2012年2月 9日 (木)

Salted rice mold/塩麹

I make amazake, doburoku (unrefined sake), miso (soy bean paste) using kouji (rice mold) at this time of the year. I tried shio-kouji (salted rice mold), which has been so popular, first time and I’ve been doing experimental cooking..

寒いこの時期になると、米麹を使って、甘酒、どぶろく、お味噌などを作ります。今年は流行の塩麹も作り、せっせと試作に励んでいます。

Firstly, daikon was marinated. Cucumber can be prepared in the same way.

まずは、食材にまぶして寝かすだけの大根の塩麹漬け。胡瓜も同じ方法でできます。

_

Secondly, salmon and pork loin are marinated and cooked. 

次に、食材(鮭と豚ロース肉)を漬け込んで焼く。

P1110283_3
Kouji is easy to get burned, so you can wrap fish/meat with gauze and marinate.

直接漬け込んでもいいですが、焼くときに焦げやすいので、ガーゼにくるんだ上から漬けています。

_2_4

 

Thirdly, buta-jiru (miso soup with pork and root vegetables). It looks like a standard buta-jiru, however, by using marinated pork, the soup gets rich-flavored. The marinated pork can be also used for stir-fly and fried rice.

あと、写真では分かりませんが、漬け込んだ豚のこま切れを使って豚汁。同じ豚こま使って、野菜炒めやチャーハンもできます。

 

__9

Making shio-kouji is so easy. Break 200g of kome-kouji into pieces and massage with hands. Mix it with 70g of salt. Add 200-250cc of water, just enough water to barely cover. Stir once a day, and repeat it for 7-10 days. Then, keep it in a fridge. You’ll need 10 % of material in weight. Remembering the weight in tablespoon and teaspoon will help.

米麹200gを手でよくほぐし、70gの塩とよく混ぜます。200-250ccの水と混ぜ、ひたひたの状態にします。一日1回、かき混ぜるのを710日間繰り返したら、出来上がりです。あとは、冷蔵庫で保存します。使う塩麹の目う目安は、素材の重さの10%です。大さじ、小さじそれぞれ何グラムかを確認しておくと便利です。

 

 

 

2012年2月 6日 (月)

Chicken breast fillet in “straw raincoat”/ささみの蓑揚げ

Mino (straw raincoat) is literally a raincoat made of straw, which was used in old times in Japan.  In Japanese cooking, foods wrapped with thinly-sliced potato (sometimes sweet potato is used) and deep-fried is called “mino age”.  Sliced potatoes are coated with starch and put around chicken breast fillet. It can be a main dish for dinner, or it can be an otsuami that goes well with beer. People of all ages like like it.

日本料理で蓑揚げとは、千切りにしたじゃがいも(さつまいもを使うこともあります)を具に巻き付け、揚げたもののことです。千切りのじゃがいもに片栗粉をまぶし、ささみにまとわせます。ささみではなく、海老(できればお頭付)でもいいです。ご飯の一品でもいいですし、ビールによくあうおつまみにもなります。老若男女にこのまれる一品です。

Photo

2012年2月 4日 (土)

Amazake, sweet low/non-alocoholic drink/甘酒

I tend to drink amazake more often than coffee and/or milk tea in such cold days. Amazake is perfect nutoritious drink with essential amino acid and essential vitamins (vitamin B1,2,6, biotin etc) contained. You’ll experience how fit you are after drinking amazake.

Cook porriage with 1 cup (180cc) of rice and cool it down to 60 degrees celcius. Break rice mold with hands and mix them together. Leave it for 10 hours, keeping the temperature, and stir once or twice in the meantime. Then, you’ll have 600 cc of amazake. Diluting it with water is a standard method, and you can use milk instead of water. Mixing it with some fruits in a blender is also nice.

 

寒い日が続くと、コーヒーよりもミルクティー、ミルクティーよりも甘酒で温まりたくなります。甘酒は必須アミノ酸、必須ビタミン類(ビタミンB1/2/6、ビオチンなど)が含まれた最強ドリンクです。甘酒を飲むと落ち着く、体の調子が良く感じるのも納得です。

1合を全粥に炊き、60度ぐらいまで冷まします。200gの米麹を手で細かく崩し、全粥に混ぜます。10時間ぐらい保温し、途中、12回かき混ぜます。これで600ccぐらいの甘酒のもとができます。水で薄めるだけでなく、牛乳でも美味しいです。フルーツとミキサーにかけても美味しく頂けます。

 

P1110193

2012年2月 2日 (木)

Daikon - cut, grated, and sliced/大根 - 切る、おろす、スライスする

Nabe and soup make you warm in such cold days. Depending on what kind of nabe, daikon (Japanese radish) is a must for most of the nabe dishes. Both summer and winter are the season for the vegetable. Summer daikon contains a lot of water, therefore, it’s good to eat fresh, like salad. On the other hand, winter daikon has less water, which means it’s suitable to be cooked. Generally speaking, summer vegetables cool you down, while winter vegetables works just opposite.

Only by cutting daikon differently, you can make a variety of nabe. Cutting it in hangetsu (half-moon) or icho (ginko nut leaves) styles is standard. By grating, you can make mizore (sleet) nabe. By thinly slicing with a slicer, daikon looks like noodle.

寒い日が続くと、鍋や汁物が多くなります。どんな鍋かにもよりますが、ほとんどの鍋料理に大根は欠かせません。大根の旬は夏と冬とありますが、夏の大根は水分が多いのでサラダなど生で食べるの向いており、冬の大根は水分が少ないので、加熱する料理に向いています。夏の野菜は体を冷やすものが多く、冬の野菜はその反対で、理にかなっています。

大根の切り方を変えるだけで、鍋もアレンジできます。半月や銀杏切りは王道ですし、おろせば、みぞれ鍋になります。スライサーでスライスすれば、麺のようにして頂くこともできます。

Sliced

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »