« Biscotti medievali/中世のビスケット | トップページ | Japanese tilefish and kabura-mushi/甘鯛と蕪蒸し »

2011年11月10日 (木)

Simmered Japanese taro, Yamagata style/芋煮

Imo-ni (simmered Japanese taro, Yamagata style) is a local dish in Yamagata.  It’s one of my favorite dishes that the texture of satoimo (Japanese taro), the umami of beef, and the savoriness of green onion are combined.  There’s also a gathering called imoni-kai (literally, potato party), where groups of people prepare imo-ni in autumn and it’s considered a sign of the season.  Originally it was a ritual to thank for harvest and be prepared for long winter.  The community association of where I live holds seasonal activities, and imoni-kai is one of such.

芋煮は山形の郷土料理で、里芋の食感、牛肉の旨味、葱の風味が合わさった大好きな煮物のひとつです。グループで集まり、芋煮をはじめとする里芋を使った鍋料理を食べる「芋煮会」という季節行事もあります。もともとは、一年の豊穣に感謝し、長い冬に備える儀式だったそうです。自治会活動が盛んな我が家のコミュニティでは、毎秋、芋煮会が行われます。

P1050070

« Biscotti medievali/中世のビスケット | トップページ | Japanese tilefish and kabura-mushi/甘鯛と蕪蒸し »

Japanese/日本料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444418/40900955

この記事へのトラックバック一覧です: Simmered Japanese taro, Yamagata style/芋煮:

« Biscotti medievali/中世のビスケット | トップページ | Japanese tilefish and kabura-mushi/甘鯛と蕪蒸し »