« Simmered Japanese taro, Yamagata style/芋煮 | トップページ | Tagliatelle al ragu di maila/ポークラグーのタリアテッレ »

2011年11月12日 (土)

Japanese tilefish and kabura-mushi/甘鯛と蕪蒸し

November to February is the season for amadai (Japanese tilefish).  It’s known as quality fish, and its meat is soft and delicious.  As the fish contains a lot of water, it’s better to sprinkle salt to let the water out before cooking.  Kabura-mushi (steamed with grated kabu sauce on top), ichiya-boshi, (dried overnight and grlled), kasu-zuke (pickled in lees and grilled), and deep-fry are common ways to cook the fish.

甘鯛は味の良い高級魚で、旬は11月から2月頃です。関西では、「ぐじ」とも呼ばれます。水分が多いので、そのまま刺身で頂くよりも、まずは、塩でしめてから料理すると、身が崩れにくく、味もよくなります。蕪蒸し、一夜干し、粕漬け、揚げ物などが一般的な調理法です。

P1090526 Photo

« Simmered Japanese taro, Yamagata style/芋煮 | トップページ | Tagliatelle al ragu di maila/ポークラグーのタリアテッレ »

Foods/食材」カテゴリの記事

Japanese/日本料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444418/42256259

この記事へのトラックバック一覧です: Japanese tilefish and kabura-mushi/甘鯛と蕪蒸し:

« Simmered Japanese taro, Yamagata style/芋煮 | トップページ | Tagliatelle al ragu di maila/ポークラグーのタリアテッレ »