« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

Pumpkin cookies/南瓜のクッキー

Just before flying to Italy, I got a parcel from my parents.  Among other things there were two pumpkins.  Cutting one of them into half, I gave them to friends of mine.  A whole pumkin is too much for one person to consume, it was not very long since my parents sent me a pumkin last time, and I had to leave for Italy soon.  So I was kind of lost what to do.  Some of it turned into cookie dough.  I made the dough and put them in the freezer so that they can be baked anytime.

イタリアに行く直前、両親から届いた小包のなかに入っていたもののひとつが、南瓜2個です。ひとつは半分に割り、友だちにもらって頂きました。南瓜丸ごと1個は一人暮らしには多すぎますし、前回、南瓜が送られてきてから間もないですし、イタリアに発つ日が近いこともあり、どうしよう・・・と。1/4個分ぐらいでクッキーの生地を作り、冷凍しておきました。ここまでしておけば、保存も出来ますし、食べたいときに切って焼くだけなので簡単です。

Photo

2011年10月28日 (金)

Chestnut rice/栗ご飯

Chestnut rice is one of the autumn flavors in Japan. Chestnut can be cut in dice so that it’s blended with rice, or it can be cooked as it is (big chunks) so that its taste can be enjoyed.  Not regular (uruchi) rice but glutinous rice can be used to make okowa.

栗、栗ご飯は秋の代表的な味覚です。栗は食べやすい大きさに切ってもいいですし、ゴロゴロそのままの形でもいいです。粳米ではなく、餅米を使っておこわにしてもいいです。

Photo

2011年10月26日 (水)

Prawn in straw raincoat/車海老の蓑揚げ

Cut sweet potato into strips and coat prawn with the strip potatoes, then it looks like the prawn is wearing a mino (straw raincoat that peasant was wearing in old times ).  Rice ear is deep-fried, then rice pops up like popcorns.  It’s full of autumn both visually and by taste.

さつまいもを細切りし、車海老に纏わせることで、蓑のように見せます。稲穂を揚げると、写真のように米がはぜて白く揚がります。味覚も視覚も、まさに秋、という感じの一品です。

Photo

2011年10月23日 (日)

Culinary lessons in Florence/フィレンツェでイタリア料理のプチ修行

I had a chance to take a two-week culinary program in Florence last summer.  It’s been my dream since then to take the lessons again in the harvest season.  And the dream comes true.  I’m back in Florence for two weeks and take lessons here again.  Tuscany, Florence, autumn, lessons, … it cannot be better.  I’ll be here by 23th October and try to write articles like the ones from Croatia .  

((Written on 8th October)

昨夏、フィレンツェで2週間、イタリア料理のレッスンを受ける機会がありました。そのとき以来ずっと、秋の収穫の時期に、再度、レッスンを受けたいと思ってきました。そして、夢、実現。今年5月にクロアチアの食文化の記事を書いたように、23日までの2週間の滞在の間、フィレンツェの秋の味覚をお伝えできればと思っています。トスカーナ、フィレンツェ、秋、レッスン・・・これ以上の贅沢はありません。 (108日記)

2011年10月21日 (金)

Farina di castagne/栗の粉

Chestnuts are in season in Florence now.  Stands that sell roast chestnuts are in the town.  As flour is made from wheat, there’s chestnut flour, which is made of chestnuts.  Savory scent and natural sweetness are special with this flour.

フィレンツェでも栗の季節です。街中では焼き栗の屋台も見かけます。小麦から小麦粉が作られるように、栗から作られる栗の粉があります。香ばしい香りと甘さが特徴です。

P1100132

This is Dolce di farina di castagne.  It’s like a pound cake and raisens and nuts are mixed together.

これはDolce di farina di castagneといい、直訳すると栗の粉のドルチェです。手順はスポンジケーキとほぼ同じで、レーズンやナッツ類を入れています。

P1100249 P1100253

This is Castagnaccio, a traditional sweets in Tuscany.  No sugar is used, still, it’s very sweet, natural sweet.

これはCastagnaccio、カスタニャッチョです。トスカーナ伝統のお菓子だそうです。粉をお水でとき、レーズン、胡桃、松の実、ローズマリーをのせて焼きます。砂糖を使わなくても、十分に甘く仕上がります。

P1100567 P1100569

2011年10月19日 (水)

Carciofo/アーティチョーク

Carciofo is artichoke in Italian.  Though it’s very popular in Europe, it’s not at all in Japan.  As I’ve hardly cooked it myself and I knew that autum is a season for the artichoke, artichoke dish was on my wishlist.  It was fruitful for me to know and experience how it should be prepared before cooking.  Accoding to the teacher, artichoke is the best when the weather is cold (autumn and spring) as the flower part becomes tight.  It was a pasta (pasta e carciofi) that we cooked today, but it can be used for many kind of dishes such as carpaccio, frittata (omlet), risotto, involtini (rolled meat) etc.

カルチョフォ(カルチョフィ)とはイタリア語でアーティチョークのことです。ヨーロッパでは好んで使われる食材ですが、日本ではまだ馴染みがありません。アーティチョークを調理した機会がほとんどなく、秋は旬でもあるので、やりたいことのリストに入れていました。調理に使えるまでの下準備が知れたことは大きな収穫でした。先生によると、アーティチョークは寒いと花の部分がしまるので、春、秋が美味しいとのことです。今日はパスタを作りましたが、カルパッチョ、フリタータ(オムレツ)、リゾット、インボルティーニ(薄い肉や魚で巻いた料理。アーティチョークの場合は肉)など様々な料理に使えます。

This is pasta e carciofi (pasta with artichoke) that we cooked today.

これは、今日作ったパスタです

P1100371

This is carpacchio from the other day.  Thinly sliced fresh artichoke is covered with Parmigiano-Reggiano.

これは、先日作ったアーティチョークのカルパッチョです。薄くスライスした生のアーティチョークの上には、パルミジャーノレッジャーノのスライスをのせています。

P1100018

2011年10月18日 (火)

No 'Italian' inTuscany/トスカーナにイタリア料理はない

A friend of mine who was taking the lesson and eating out for dinner together was saying that every restaurant has similar menus and there's nothing special.  It’s so true because “Italian” restaurants in Florence offer Tuscan cuisines.  People outside the country tend to put local dishes in Italy together as “Italian,” but the fact is there’re no “Italian” but “local” dishes in Italy.  For example, you hardly find carobonara in Florence but you can find the pasta in every restaurant in Rome.  Why so is because the carbonara is a Roman dish, therefore, you can get only in Rome and its region, and you won't in the rest of Italy.

レッスンと夕食をともにする友人が「どこのレストランも似たようなメニューで目新しいものがない」と言います。これは、その通りで、フィレンツェで提供されているのは、イタリア料理ではなく、“トスカーナの料理”だからです。私たち外国人は“イタリア料理”とひとくくりにしてしまいがちですが、イタリア料理というものはそもそもなく、イタリアは郷土料理の集合体だからです。例えば、フィレンツェでカルボナーラを見かけることはほとんどありませんが、ローマではどのレストランでも提供しています。どうしてかと言うと、カルボナーラはもともとローマの料理だからで、ローマ(とその地域)以外では提供されていません。

2011年10月17日 (月)

Good place to eat/お勧めのレストラン

We cook and eat full course for lunch everyday, still, we like to eat something for dinner.  I know it could be an excuse but I’m saying to myself that this is also to deepen my knowledge and experience in Italian cooking.  Receiving some recommendation from a local groumet, we’ve tried several so far, and I’d like to introduce a couple of them.  Their foods were just wonderful, and they’re not introduced at guidebooks.

毎日、フルコースを作って、お腹がはち切れるぐらい食べているのに、夜は夜で何か食べたくなる、そして、勉強、勉強と自分に言い聞かせる?甘やかしている?毎日です。地元の食通のアドバイスを頂きながら、いくつか試したなかで、まだ、ガイドブックなどでも紹介されていないお店を紹介します。

Da Ruggero: Via Sense 89r, Florence, Italy

La Maremma: Via Verdi 16, Florence, Italy

Del Fagioli: Corso Tintori 47r, Florence, Italy

2011年10月13日 (木)

Schiacciata con l'uva/葡萄のスキャチャータ

Schiacciata is flat bread in Tuscany.  Schiacciata con l’uva is schiacciata with “schiacciata” grapes.  The grapes are also for wine and they’re so rich in taste and aroma.  This bread can be found only in autumn and only in Florence.  This was one of my wishlist, and today we baked it.  We had to remove the seeds for the 1kg of grapes, which was surely a lot of work.  It was a bit overbaked, but it was so delicious with the sweetness and juiciness of the grapes.

スキャチャータはトスカーナの平ぺったいパンで、この葡萄のスキャチャータはそれ用の葡萄を使って作ります。ワインにも使われる小振りのもので、甘みも香りもとてもリッチです。この葡萄のスキャチャータは秋だけ、それもフィレンツェでしか味わえません。習いたいもののリストに入れてあったので、今日、作りました。1キロの葡萄から種をすべて取る作業は大変でした。少々、焼き過ぎてしまいましたが、葡萄の甘さ、ジューシーさが楽しめる一品でした。 

P1090883 

P1090890

P1100021

P1100025

2011年10月 6日 (木)

Gnocchi di al funghi /ニョッキ ポルチーニ茸ソース

We Japanese love “mochi mochi” (sticky texture that comes from mochi, rice cakes), therefore, we love mochi-mochi gnocchi.  (There’re many non-Japanese, especially westerners, who don’t like the texture, but I wonder if Italian, whose country has mochi-mochi texture dishes, eg. gnocchi, like rice cakes.)

Gnocchi is often eaten in autumn and winter.  Potato is the main ingredient, and danshaku is suitable. Wheat flour (or hard flour) and eggs are also used, and the ratio of potato and flour decides the texture; the ration of potato:flour=3:1 for soft gnocchi, and the amount of flour should be up to half of potato at most.  If you want to keep them in fridge, parboil, sprinkle olive oil, and cool down, then they can be kep in a fridge for a couple of days.  They can be kept in a freezer, but they’re not as goos as fresh ones.  If frozen, the ratio of potato is better reduced. 

Now fresh porchini mushrooms are in season, but they are hardly available in Japan.  So, dried porchini mushrooms are used to make sauce.  How it’s prepared is the same as dried shiitake mushroom.  It’s very flavory, and water used to reconstitute it adds the flavor to the dish.  Italian and Japanese cuisines may have some in common..

「もちもち」という食感が大好きな私たち日本人は、ニョッキも大好きなはず。(「もちもち」が苦手という外人-特に西洋人-は多いけど、「もちもち」が食文化にあるイタリア人にはお餅は受けるのかな?)ニョッキは秋から冬の料理で、じゃがいもが主な材料です。じゃがいもの種類は男爵がいいと思います。つなぎで小麦粉(または強力粉)と卵を使いますが、比率によって食感も違ってきます。じゃがいも:小麦粉=3:1だと柔らかくでき、小麦粉の量を増やしても2:1までです。茹でたてがいちばんですが、さっと茹で、オリーブオイルをふり、冷ませば、冷蔵庫で23日保存できます。冷凍もできますが、味は落ちます。冷凍する場合は、じゃがいもの比率が低いほうがむいています。

ポルチーニ茸のソースは、フレッシュなポルチーニ茸がイタリアでは出回っている頃ですが、日本ではまず手に入らないので、乾燥ポルチーニ茸で作ります。乾燥ポルチーニ茸は干椎茸と同じで、旨味がぎゅんと詰まっていますし、戻し汁も使います。イタリアと日本の食文化、結構、食の共通点があるかも。

Photo

2011年10月 4日 (火)

Nagoya’s manju cake with sweet potato/鬼饅頭

This is Nagoyan sweet.  You can find it everywhere, from convenience stores to authentic Japanese sweet shops, in Nagoya and its region, but this manju cannot be found in other parts of Japan.  The recipe is so simple, and mothers would make them for children.

鬼饅頭は名古屋の甘味です。名古屋や周辺地域では、コンビニから本格的な和菓子屋さんまで、どこにでもありますが、日本の他の地域では見たことがありません。メディアでも取り上げられたりしているので、認知度も少しは上がってきているようですが。家庭の台所にあるもので簡単に作れるので、お母さんたちは子どもたちのために作ったりもします。

Photo_4

2011年10月 2日 (日)

Vegetable pie/ベジタブルパイ

I love pies and tarts.  I should be careful with what to eat, still, when I want to eat pies and tarts, one solution (for me) is to prepare and eat as one of the meals.  It’s quickly done, if ready-made dough is used.  Filling can be anything like leftovers from last night. The one of the photo is sauted vegetables seasoned with mix herb.

スイーツとしてのパイやタルトは大好きです。自重が必要、でも、やっぱり食べたいというとき、ご飯としてパイを作ったりします。市販のパイ生地を使えば簡単(だからこそ、危険・・・)です。フィリングは冷蔵庫にあるものや、晩の残りでもいいです。今回は、野菜をソテーし、ミックスハーブで風味をつけたものにしています。

P1090259

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »