« “Shadow Queen” purple potato/シャドークィーン | トップページ | Horse mackerel rice, hitsumabushi style/ひつまぶし風鯵ご飯 »

2011年8月 1日 (月)

Hishino pepper/ひしの南蛮

A vegetable caught my eyes at a supermarket where I often shop.  It says “Hishino-nanban”, a traditional pepper in Shinshu, Nagano prefecture.  Nanban is another way to call peppers in Japanese, and the nanban is grown in Hisino district, Komoro-shi, in Nagano prefecture.  That’s how the nanban is called.  When I asked a staff there about the habanero-look pepper, I found that he’s the one who purchased them.  As he told me “nanban” (he didn’t say “hishino-nanban” though) is spicy pepper, I asked him if he could make a smaller portion for me.  He was nice to repack the package.

I cooked how the farmers recommended.  It’s sauted and seasoned sweet and spicy with sugar and soy sauce.  I ate both fresh (raw) and cooked, but it wasn’t spicy at all.  As “konoyama-gosun ninjin”, it’s nice to know that farmers are growing and promoting local and traditional vegetables of their land.

よく買い物をするスーパーで、珍しい野菜を見かけました。「ひしの南蛮」という信州の伝統野菜と表示されていました。店員さんに質問すると、その方が仕入れたご本人で、「珍しいから仕入てみた」とおっしゃっていました。南蛮とは唐辛子の別称なので、長野県小諸市菱野地区の唐辛子ということで、「ひしの南蛮」だと思います。店員さんによると、南蛮(「ひしの南蛮」とは言いませんでしたが)は唐辛子だから辛いとのこと、相当辛いものように聞こえたので、半量にしてもらえないか聞くと、快く了承して頂きました。(言ってみるもんです。)

店頭に表示されていた農家おすすめの調理法を試しました。田舎料理らしく、油で炒めて、砂糖と醤油で甘辛く味付けします。辛いとの前情報、ハバネロみたいな形から覚悟しながら生と加熱したもの両方を試しましたが、全然辛くなく、丸ごと(種も)食べれるまろやかなものでした。木の山五寸人参にもあるように、農家の方たちが地元の伝統野菜を育て、地域内外の人たちに知ってもらおうという取り組みはいいと思います。

P1090188

P1090277

« “Shadow Queen” purple potato/シャドークィーン | トップページ | Horse mackerel rice, hitsumabushi style/ひつまぶし風鯵ご飯 »

Foods/食材」カテゴリの記事

Japanese/日本料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444418/41035272

この記事へのトラックバック一覧です: Hishino pepper/ひしの南蛮:

« “Shadow Queen” purple potato/シャドークィーン | トップページ | Horse mackerel rice, hitsumabushi style/ひつまぶし風鯵ご飯 »