« Spaghetti alle vongole appena rosati/浅利貝のスパゲティ | トップページ | Zunda shiratama/ずんだ白玉 »

2011年6月16日 (木)

Soluble and insoluble dietary fibers/水溶性・不溶性食物繊維

There’re two types in dietary fibers; soluble and insoluble.  Cellulose (contained in plants) and chitin (contained prawn and crab shells) are insoluble dietary fibers.  They’re not soluble to water but absorb fluid in body and become big.  As a result, the defecation is improved, the risk of colon cancer is reduced, the function of intestines is regulated, and the noxious substances are eliminated.

Pectin (contained in fruits), Algin acid (contained seaweeds), and glucomannan (contained in konnyaku) are soluble dietary fibers.  They’re soluble to water and turn into a gel.  It works for the prevention and treatment of diabetes, as it delays absorption of carbonhydrate.  It helps keep blood pressure down, as it inhibits sodium absorption.  Intestinal bacteria are improved, as it increases good ones.  That is, it’s effective for the prevention of adult diseases.

食物繊維には不溶性と水溶性とあります。不溶性食物繊維には、植物に含まれるセルロース、海老や蟹の殻に含まれるキチンなどがあります。食物繊維が水に溶けにくい分、水分を吸収し、大きくなります。その結果、排便促進、大腸がんの発生を抑制、整腸作用、有害物質排泄などの効能があります。

一方、水溶性食物繊維には、果実に含まれるペクチン、海藻類に含まれるアルギン酸、蒟蒻に含まれるグルコマンナンなどがあります。これらの食物繊維は水に溶け、体内でゲル状になります。糖質の吸収を遅らすため、糖尿病の予防や治療になります。ナトリウム吸収を抑制するので、血圧の上昇も抑制できます。善玉菌を増やすので、腸内細菌が改善されます。一言で言えば、生活習慣病を防ぐ効能があります。

« Spaghetti alle vongole appena rosati/浅利貝のスパゲティ | トップページ | Zunda shiratama/ずんだ白玉 »

Bits and pieces/調理のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444418/40244494

この記事へのトラックバック一覧です: Soluble and insoluble dietary fibers/水溶性・不溶性食物繊維:

« Spaghetti alle vongole appena rosati/浅利貝のスパゲティ | トップページ | Zunda shiratama/ずんだ白玉 »