« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

Aminocarbonyl reaction/アミノカルボニル反応

Chicken teriyaki has savory aroma and shiny brown color.  When sugar contained in sugar and mirin/Japanese sweet wine and amino acid contained in soy sauce are heated, aminocarbonyl reaction is caused.  It makes chicken brown and also creates melaoidin, fragrance substance.

照り焼きチキンは、食欲をそそる香りと照りが特徴です。それは、アミノカルボニル反応によるものです。砂糖や味醂に含まれる糖と醤油に含まれるアミノ酸が加熱されることによって起きる反応で、メライジンという芳香物質ができ、照りもこの反応によってできます。

2011年4月28日 (木)

Okara and tofu bread/おから豆腐パン

Okara gâteau au chocola was uploaded while ago.  Same as the gateau, t

his okara bread is easy to make.  All you need are flour, tofu (kinu) and okara.  Using baking powder, it doesn’t have to be raised.  So, weekend breakfast will be ready by simply mixing them and baking.

少し前に、おからのガトーショコラを紹介しましたが、これはおからを使ったパンです。小麦粉、豆腐(絹)とおからを混ぜるだけです。ベーキングパウダーは使っていないので、発酵させる手間もありません。日曜日の朝ごはんにちゃちゃっと作れます。

Photo_3

2011年4月26日 (火)

Fruit salad/フルーツサラダ

Winter is a boring season for fruits, because there’re far less choices.  Many more kinds of fruits are in market now as the climate gets mild.  There will be more as summer approaches.  Fruit salad is nice to look at (with different colors) and nice to eat (with natural sweetness from fruits) in the season when many kinds of fruits are available.

冬は果物の種類が少なく面白くありません。気候が温暖になるにつれて、果物の種類も増えてきましたし、夏に向けて、もっともっと増えてきます。そんな時期にいいのがフルーツサラダです。見た目もカラフルですし、果実の持つ本来の甘さを楽しめます。

Photo_2

2011年4月24日 (日)

Lemon-flavored roast chicken/レモン風味のローストチキン

Meats are on sale every Sunday morning at a supermarket in my neighborhood.  I have things to do at or out of home on weekends, consequently, I cannot always spare as much time I wish for cooking.  Still, there’re certain ways to benefit from the sale given such time constraint.

Marinate chicken with lemon juice, grated garlic and rosemary in the morning.  Grill it with some vegetables (potatoes and petit onions this time) in the oven for half an hour, then you have a main dish for dinner.  The photo is the chicken thigh but chicken with bone is nice as well.

近所のスーパーでは、毎週日曜日、お肉が安く売られます。週末は自宅でやること、外出することもあり、思うように料理に時間を費やせないこともあります。ただ、時間の制約があっても、お肉の売り出しのメリットを得る方法のひとつとして、漬けこんで焼く方法があります。

朝、鶏肉をレモン汁、すりおろした大蒜、ローズマリーと一緒に漬けこんでおきます。あとは、付け合せの野菜(今回はじゃがいもとペコロス)と一緒に、オーブンで30分焼くだけで夕食の一品ができます。焼いている間に他のものが作れますし、手間がかかりません。写真はもも肉ですが、骨付きなら見栄えも良くなります。

P1070365

2011年4月22日 (金)

Pancake sandwich/どら焼き

I was living in the other part of Tokyo a couple of years ago.  A dorayaki/pancake sandwich shop was open in my neighborhood, and it seemed they’re selling well.  Every supermarket and convenience store has it on the shelf and you don’t have to make it yourself.  Still, homemade one would be the best.  When I make it myself, though I have to admit it’s rare, I usually mix an/sweat red bean paste and whipped cream.

数年前までは都内の別の場所で暮らしていました。近所にどら焼き専門のお店がオープンし、ずっと賑わっていたのを記憶しています。どのスーパーやコンビニにもどら焼きは必ずあるので、自分で作るまでもないものかもしれませんが、やはり手作りがいちばん美味しいと思います。私がどら焼きを作るときは(稀にしか作りませんが)、餡とクレムシャンティ(ホイップクリーム)を混ぜたものを挟みます。ちょっとまろやかになり、和洋折衷感が好きだからです。

Photo_2

2011年4月20日 (水)

Filetto di maiale al pepe rosa/豚ひれ肉のベーコン巻き

This is going to be one of the menus for my students who come back to lessons this month.  The key for this simple recipe is that the pork is flavored with sage, rosemary, lemon rind and garlic.  Pink peppers, which are only for decoration, make the dish look like a treat.

今月からレッスンを再開した生徒さん用の春から夏にかけたプログラムの一品です。作り方はいたって簡単ですが、ポイントは、お肉にセージ、ローズマリー、レモンの皮、大蒜で風味を移しておくことです。ピンクペッパーは飾りだけですが、ぱらぱらっと散らすだけで、華やかになります。

Photo

2011年4月18日 (月)

Reuse of cooking oil/使った油の再利用

You’ll need a lot of oil for deep-fried dishes, and it’s “mottainai” if used only once and discarded.  Water remaining in oil causes the damage.  Try this before it’s stored:  Heat used cooking oil until popping sound is unheard.  You’ll see white smoke rises.  Remove offscum floating on the surface and remaining on the bottom.

揚げ物にはたくさんの油が必要で、一回で捨てるのはもったいないです。油の中に水分が残っていると傷むので、その水分を除いて保管すればいいのです。使った油を加熱します。中の水分がはじけて、ぱちぱちという音がなくなるまでです。白い煙も出てきます。表面に浮いたかす、最後に残った細かいかすを捨てます。

2011年4月16日 (土)

Bean curd roll/湯葉巻き

Bean curd roll is a popular Chinese dish. A friend of mine who lives in Hong Kong invited me over to her place, and it was one of the dishes that her mother prepared. It was so tasty that I remember it very clearly. She even brought me a box of her bean curd rolls on my departure so that I could bring the taste of Hong Kong home.

I used pork, carrot, dried mushroom, bamboo shoot for the filling, but it could be anything you’d think of. Shrimp, instead of pork, would be nice, and vegetarian fillings would be nice too. The rolls are steamed, and they can be also deep-fried after they have cooled down.

The skin is sold as shown in the photo, just like wrapping papers!

湯葉巻きは中国料理の人気メニューです。香港にいる友人の自宅に招待されたとき、料理上手のお母さんが作って下さった一品でもありました。とても美味しかったのでよく覚えています。帰国の際、箱いっぱいに湯葉巻きを詰めて持たせてくれたほどです。

今回は主な具として、豚の挽肉、人参、干椎茸を使いましたが、中味は何でもいいと思います。挽肉の代わりに海老もいいですし、ベジタリアンにしてもいいでしょう。スパイスは五香粉を使いました。アジアの空港に降り立つとするあの独特の匂いは、この五香粉です。蒸して仕上げますが、冷めてから揚げてもいいです。

湯葉は問屋さんで買いました。写真のように、包装紙のように切り売りしてくれます。賞味期間は1ヶ月と意外と短いです

P1070371

P1070228

2011年4月14日 (木)

Panna cotta alle fragole con frutti di bosco/苺のパンナコッタ ベリー添え

Fruits and panna cotta is an excellent match.  Panna cotta is a very simple dolce, and many variations are possible with seasonal fruits.  Chopped strawberries are mixed with the panna cotta, and strawberries and other berries are the toppings.  Toward summer, when many kinds of fruits are available and is the time for cold desserts, I’ll introduce other variations of panna cotta using seasonal fruits.

フルーツとパンナコッタの相性は抜群です。パンナコッタはシンプルなデザートなので、多様にアレンジができます。今回は刻んだ苺をパンナコッタに混ぜ、他のベリー類と混ぜたものをトッピングにしています。夏はフルーツの種類が豊富ですし、冷たいデザートが美味しい季節です。夏にかけて、パンナコッタのバリエーションをいくつか紹介します。

Panna_cotta_alle_fragole_con_frutti

2011年4月12日 (火)

Pottery festival/多治見陶器まつり

Tajimi has been known as the town for Mino-yaki (ceramic ware), though it could be more famous as the “hottest” town in Japan for these years. Potteries made in the region is called Mino-yaki, and Shino, Oribe, Kiseto and Setoguro belong to it.  The town holds a big pottery festival on the second weekend of April, and it was the 59th this year.

There’re two venues for the event; one is at the Oribe Street near the municipal government and the other is at Ichinokura, where locates at the border of Seto-shi, a town of potteries known as Seto-yaki.  There’re more than 30 potteries in Ichinokura, Koubei-gama would be the most well-known among them.  You can visit one by one and directly buy ceramic wares from them.  They serve you Japanese tea and sweets, and you can take a rest inside.

この数年は、日本一暑い街としてのほうが知られているかもしれませんが、多治見市はは美濃焼の街です。この地域で作られる陶器を美濃焼といい、志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒が代表的なものです。多治見陶器まつりは、毎年、4月の第2土日に行われ、今年で59回目でした。

主な会場は2つで、メイン会場となる市役所近くにある“おりべストリート”と、美濃焼き発祥の地と言われ、隣の瀬戸市(ここも瀬戸焼という焼き物の街)との境に位置する市之倉という地域です。市之倉には30を越える窯元があり、開放している窯元を巡りながら、蔵出し品を買うことができます。なかでも、幸兵衛窯はよく知られていると思います。敷地内の日本家屋で、お茶とお菓子を頂き、休憩もできます。

Photo_3 2_4 3_3

Vendors who manufacture and/or sell ceramic wares are along Oribe Street.  You can buy nice tableware for reasonable prices (some are real bargain) at the two-day event. 

おりべストリートでは、陶器商がテントを張っています。食器をはじめ様々な陶器がお値打ちに購入でき、掘り出し物もたくさんあります。

3_4 2_5

Oribe is just beautiful.  やはり、織部は美しいです。

Photo_4 2_6

2011年4月10日 (日)

Hydrosoluble vitamin and liposoluble vitamin/水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

There’re two types in vitamins - hydrosoluble and loposoluble.  Vitamin D, A, K and E (remember as “DAKE”, which means “only” in Japanese) are liposoluble vitamins, and all the rest are hydrosoluble.  Liposoluble means vitamins consumed stay in the cell tissues and excess intake could cause us damage.  On the other hand, hydrosoluble means vitamins consumed don’t stay in our bodies, therefore, there’s no worry for excess intake but for shortage.

The nutritious values of vitamin D and A aren’t much affected when cooked, and they’re resistant to be oxidized.  Vitamin K, which is contained in green yellow vegetables, seaweed etc, promotes calcium absorption.  Vitamin E itself is susceptible to oxidation, therefore, it works as antioxidant substance.  Take a look at the Ingredients label on oil and bottled tea.  You’ll see that vitamin E, and it prevents them from being oxidized.

Vitamin C would be the most known hydrosoluble ones.  Vitamin A, C and E (remember as ACE) is literally “ace” vitamins for beauty.

ビタミンには水溶性と脂溶性があります。ビタミンDAKEDAKE=「だけ」と覚えましょう)は脂溶性、その他はすべて水溶性です。脂溶性ビタミンは細胞組織に蓄積され、摂取しすぎると過剰症を引き起こす可能性があります。一方、水溶性ビタミンは、調理中に損失しやすく、体内には残らず流れ出てしまうので、過剰症ではなく欠乏症を引き起こす可能性があります。

ビタミンDAは似ていて、加熱しても損なわれにくく、酸化しにくいです。ビタミンKは緑黄色野菜に多く含まれており、骨の形成を促進します。ビタミンEは胡麻油、菜種脂、大豆油などに多く含まれます。ビタミンE自体が酸化されやすいので、油の抗酸化剤として油が酸化しないように作用します。ペットボトルのお茶の原材料のラベルを見ると、ビタミンEの表示があるのも同じ理由です。

水溶性ビタミンのなかでも、最も知られているのはビタミンCだと思います。ビタミンACEACE=「エース」として覚えましょう)は、文字通り、美容のエース、美容ビタミンです。

2011年4月 8日 (金)

Strawberry wine/苺酒

Ume-shu/plum wine would be the most popular fruit wine, however, there’re a couple of months by the season of ume/Japanese plum.  Spring is the time to make ichigo-shu/strawberry wine.  Whatever fruits are used, the process and the patiece required (until the wine becomes mild) are the same.

果実酒のなかでは梅酒がいちばん飲まれていると思いますが、梅の時期にはまだ暫くあります。春なら旬の苺を使って、苺酒作りです。果実酒はどんな果実を使っても、作り方は基本的に同じです。そして、美味しくなるまでの我慢が必要なのも同じです。私は、何年も何年も待ってから頂きます。 

Photo

2011年4月 6日 (水)

Tomato sauce/トマトソース

I usually make a big portion in preparing for tomato sauce, and most of it is kept in a freezer.  Fresh tomato sauce tastes the best, but it becomes an excellent add-on if it’s frozen.  The sauce can be used for meat, fish, pasta, egg etc.  Look at this spaghetti.  I wanted to eat something within 20-30 minutes but all I had in my fridge was eggplant.  The tomato sauce was thawed, then, mixed with spaghetti and Parmgiano-Reggiano.  That’s it.

The tips in making tomato sauce; you need onion, celery and carrot for soffritto, and the ratio is 1:1:1 or 3:2:1 (not too much carrots).  Cook the vegetables slowly over low heat until the oil turns orange.  If you want to keep the sauce longer, let say a week in a fridge, cook over two hours and chill it with ice water immediately.

トマトソースはたっぷり作って冷凍しておくと便利です。もちろん作りたてがいちばんですが、冷凍しておけば、ちゃちゃっと何かが作れたり、パスタはもちろんのこと、肉//卵料理などなんでもないものがきちんとした料理になります。20-30分で食事をとりたく、でも、冷蔵庫には茄子しかない状態でしたが、トマトソースを解凍し、パルミジャーノレッジャーノで仕上げれば、こんなスパゲティがあっという間に出来ます。

トマトソースを作るときのコツは、ソフリットの材料と分量は、玉葱:セロリ:人参を1:1:13:2:1ぐらい(人参を多くしない)にし、弱火でじっくり炒めることです。油の色がオレンジ色になるぐらいまで、じっくりじっくり、いじりすぎずないように加熱します(混ぜすぎると熱が下がります)。冷蔵庫で1週間ぐらい保存したいときは、2時間ぐらいかけて煮込み、氷水を使ってすぐに冷却し、中心部分の温度まで一気に下げることです。

1

2011年4月 4日 (月)

Sakura wine/桜ワイン

My birthday has gone last month while the country was in midst of chaos.  With my nephew finishing the primary school then, my family had events to celebrate, but considering the situation that the country was facing, we didn’t as we initially wanted.  Still my sister was nice to bake me a b-day cake and brought a bottle of sakura wine.  The sweet wine had flowers and slightly smelled sakura.

Many of us wouldn’t have appetite to appreciate the cherry blossoms this year, however, sakura is our favorite flower and it’s open only for one week this time of the year.  Don’t we smile, when we eat something delicious?  Aren’t our hearts are clean, when we see something beautiful?  Sakura will surely give us, Japanese, hope and power.

先月の私の誕生日は、地震の大混乱のなかで過ぎてしまいました。東京で起きた毒ガス事件の混乱のなか、終わってしまったこともありました。甥っ子の小学校卒業もあったので、家族でお祝いする予定でしたが、国が直面している状況が状況なだけに、当初の予定からはそれました。それでも、姉はケーキを焼き、桜ワインを用意してくれました。デザートワインのように甘く、桜の花が入っており、かすかに桜の香りがしました。

今年は多くの人が桜を愛でる気分ではないでしょう。桜は、私たち日本人が大好きで、今、この時期に一週間しか咲かない花です。美味しいものを食べると、人は笑顔になります。美しいものを見ると、人の心はきれいになります。がんばろうとしている日本に希望と力をくれる花でしょう。

Photo

2011年4月 2日 (土)

Sakura-mochi & doumyouji-mushi/桜餅と道明寺蒸し

Sakura/cherry blossom starst to bloom. Sakura-mochi/rice cake covered with a sakura leaf is a seasonal Japanese confectionery. Using the same key materials, doumyouji-ko/glutinous rice flour and sakura leaves, doumyouji-mushi, a seasonal steamed dish, can be prepared.

桜が咲き始めました。桜餅はこの時期の和菓子ですが、主な材料(道明寺粉と桜の葉)を使って蒸し料理もできます。それが道明寺蒸しです。中は鯛を使っていますが、鰻を使うこともあります。

P1040658_2 Photo_4

 

2011年4月 1日 (金)

Get set/徐々に再開

First week after the earthquake, we were looking down and so much worried. We started to look up after ten days or so have passed, though we had, have and will have worries and concerns.  I was focusing on foods and cooking for such emergency for the last two weeks and suspended all the lessons.  While my core business was coming back to normal, I came to think that to keep business running as it was and as it’s supposed to is also one of our cans.  That is, the contribution in economic activities in other words.  I’m going to set this blog back on the track and start culinary lessons if my students wish and as far as their safety, food safety, energy supplies are secured.

地震後の1週間、私たちは下を向き、不安でいっぱいでした。将来の不安があったし、今も相変わらずありますし、今後もしばらくはあるでしょうが、10日、2週間位経つ頃から、私たちは顔を上げ始めました。この2週間、ブログの内容を変更し、レッスンも休止していました。自分の本業が通常に戻っていくなかで思ったのは、今まで通り、事業を続けること、言い換えれば、今までと変わりない経済活動を続け、社会に還元していくことも私たちの出来ることのひとつということです。このブログも元に戻すつもりです。レッスンも、生徒さんに希望があって、生徒さんの安全、食品安全、エネルギー供給が確保できれば、再開する予定です。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »