« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

In a time of disaster/災害時や災害に備えてできること (3月14-31日迄の予定)

The earthquake on 11th March caused great damage to the Tohoku region. I just feel so sorry for the victims and their families, and my thoughts and prayers are with them. Also, I’d like to pay my respects to those who dedicate themselves in rescue and disaster countermeasures.

In the mid of the triple disasters, earthquake, tsunami and nuclear, and facing the fact that there’re a number of victims who are forced to live in harsh conditions, I’ve been feeling unsure if it’s right to keep on writing all about foods. From 14th to 31st March (planned), I’d like to focus on such emergency and to share how we could be prepared and what we could do in such times. This is one of 'my' cans, and this would be one of 'our' cans as countermeasures for future. (Please refer to the article from 14th to 31th May.) Written on 14th March.

3月11日に発生した東北関東大震災による多大な被害の報に接し、被災者の方々とその後家族に対し、謹んで心から見舞い申し上げます。また、被災地において救助、災害対策に尽力されている方々に敬意を表します。

地震、津波、原子力の三重苦のなかで厳しい環境を強いられている方々がいて、今後の見通しがまだまだつかないなかで、この食べ物限定のブログを更新していくことに大きな迷いがあります。3月14日から31日までの予定で、保存食、省エネ、非常時の食料や調理などをテーマにし、どんな準備や調理ができるかを共有していきたいと思います。これが「私」の出来ることのひとつですし、これからのために「私たち」が出来ることだからです。(記事は3月14日から31日までのものをご覧下さい。) 3月14日記

Waffle with caramelized banana/キャラメルバナナワッフル

I asked my father, who I suppose was raised by sake not by breast-fed, if he could survive without a drop of alcohol if he were at an evacuation center for a couple of weeks as the victims in Tohoku.  His question was if I, a sweet tooth, could survive without coffee and chocolates.  It motivated me to consider how something sweet can be prepared in such times.

First came up to mind was bekko-ame/tortoiseshell-colored candy.  It’s easily prepared, if suagar and water are there.  If memories serves me correctly, that’s the first “sweet” that I’ve made when I was very small.  Using the similar ingredients and steps for bekko-ame, we can make caramel sauce only if you have small portion of cream.

Heat sugar in a pan on low heat to make caramel.  Then, add cream.  To make the caramelized banana, add sliced banana and caramelize.  You’ll need only two tablespoons of cream for one person.  I’ve uploaded an article on waffle and marinated fruits and convenience of making many waffles and keeping them in freezer while ago.  Waffle with caramelized banana is another variation.  Caramelized banana goes well also with pancakes and toasts.

多分母乳ではなくお酒で育った父に、避難所でお酒が飲めない日が続いたら耐えられるか?と聞いたところ、甘いものなしで耐えられるか?と聞き返されました。この質問により、このように制限がある環境でどんなスイーツが可能だろうか?と考えました。

最初に思いついたのはべっこうあめ。砂糖と水さえあれば出来ます。記憶が正しければ、私が初めて作った「スイーツ」もべっこうあめだったと思います。べっこうあめを作るのと同じような材料と手順で、水の代わりに少量のクリームがあれば、キャラメルソースが作れます。

深めの小さいお鍋に砂糖だけを入れて弱火にかけ、キャラメル状になったら、クリームを加えるだけです。キャラメルバナナを作るには、スライスしたバナナも一緒に加え、キャラメリゼ(キャラメルをからめる)します。クリームがなければ、スジャータでも作れます。ひとり分のクリームの目安は、大さじ2杯分ぐらいです。以前、フルーツマリネとワッフルの記事を掲載しましたが、キャラメルバナナワッフルは別バージョンです。ワッフルじゃなくても、パンケーキやトースト(食パンでもバゲットでも)でもいいです。

P1070399_2

2011年3月30日 (水)

Stick ramen/棒ラーメン

Just mentioned in the article on the emergency food, I often went climbing in my university days.  One of our must-haves as emergency food then was stick ramen, an instant noodle.  Unlike conventional instant noodles, which are curled and deep-fried, it’s like long pasta and not fried.  It’s very simple to prepare; you just put the noodle in boiling water for a few minutes.

非常食の記事でも触れましたが、大学の頃からよく山に登っていました。当時、非常食として必ず持っていったもののひとつが棒ラーメンです。インスタントラーメンですが、縮れ麺ではなく棒状であるのと、ノンフライであるのが特徴です。今でもスーパーの片隅に申し訳なさそうに座っています。調理は簡単で、沸騰したお湯で数分煮るだけです。山行には、かさばらないのもメリットでした。

Photo_3

2011年3月28日 (月)

Orecchiette con broccoli/ブロッコリーのオレキエッティ

In the article about Spaghetti aglio, olio e peperonchino

the other day, I wrote the pasta is very basic and you can develop it once you master it.  Orechhiette con broccoli is one example.  Orechhiette, which means earlobe in Italian, is a short pasta.  Other short pasta or long pasta can be used, and other vegetables can be substituted, if broccoli isn’t available.

Cook the pasta just like mentioned in the spaghetti aglio, olio e peperonchino, and just before taking it from the boiling water, add and cook broccoli.  Then water and energy can be saved.  The rest of the steps are the same.  Cooking pasta might not sound like energy saving, however, there're some other ways still. 

先日のアーリオオーリオペペロンチーノの記事で、このスパゲティをマスターすれば、パスタ料理の幅が広がることにも触れました。ブロッコリーのオレキエッティが一例です。オレキエッティはイタリア語で耳たぶという意味のショートパスタです。他のショートパスタでも、ロングパスタでもいいですし、ブロッコリーがなければ、他の野菜を使えばいいです。非常時はあるもので賄うことです。

パスタの茹で方は、アーリオオーリオペペロンチーノで記載した通りです。保温調理器や毛布などを使った省エネ調理法も同じです。また、パスタを引き上げる直前にブロッコリーを入れて、一緒に茹でることで、水と電気・ガスも節約します。その後の作り方も同じです。パスタはどうしても加熱しなくてはいけないので、省エネには程遠いようですが、工夫はできます。いっそのこと、茹で麺を使うのも一法です。

200811112

2011年3月26日 (土)

Cooking rice/ご飯の炊き方

I should’ve shared this much earlier.  My “Basic Japanese Cooking” course starts with how to wash and cook rice, and students cook rice not with a rice cooker but on a stove for all the lessons.  Rice cooker is a convenient cookware, and the taste of steamed rice is good, thanks to the advanced technology by manufacturers.  Still, it’ll take 40-50 minutes if using it, and the consumption of energy is as much.  It takes only half of it, if it’s done on a stove.  This would be ideal in such a time that we’re encouraged to save energy. We might use a portable gas stove in an emergency, still the method is the same. 
·         Ratio of rice and water is 1:1.2 (+30cc) in volume or 1:1.5 in weight.

·         Use a deep pan with a heavy lid.  The water level should not be more than a third from the base of the pot.

·         Place over a high heat and bring to a boil.  Turn the heat to the lowest and simmer for 10 - 12 minutes.  Turn up to the maximum for 3 seconds, and remove from the heat.  Set aside, still covered, for 10-15minutes.

·         Heat control and ‘no peek’ are the keys.

As mentioned in the article of Spaghetti aglio, olio e peperonchino, cooking with a “Shuttle Chef” or wrapping the pan with blankets or towels after boiling will save energy.

もっと早くにこの記事を共有しておけば良かったです。「和食の基本」のコースでは、お米の洗い方、炊き方に始まり、生徒さんは炊飯器ではなくガスコンロ(教室はIH)で、毎回、ご飯を炊いて頂いています。炊飯器は予約もできて便利ですし、メーカーによる技術開発も進み、美味しいご飯が炊けます。ただ、炊飯器を使うと、40-50分かかりますし、それだけ電気も使っていることになります。ガスコンロで炊けば、半分の時間で済みますし、それ故、エネルギー消費も抑えられます。あと、無洗米があれば、お米をとぐ水が節約できます。緊急時にはカセットコンロを使うこともあるでしょうが、手順とポイントは同じです。

·         米と水の割合は、容量で1:1.2 (+30cc)、重量で1:1.5とします。

·         深めで重い蓋の鍋(例えばルクルーゼ)を使います。水の位置が鍋底から1/3以上にならないのが目安です。

·         火加減は、沸騰するまでは強火、沸騰したら弱火で10-12分、最後に3秒強火にし、火からおろします。その後、10分ぐらい蒸らします。

·         火加減と途中で蓋を開けないことがポイントです。美味しく炊くには、鍋の中にどれだけ圧力をかけるかなので、深い鍋と水の位置(圧力をかけるスペースを確保する)、重い蓋と途中開けない(圧力を逃さない)ことが大事になります。

アーリオオーリオペペロンチーノの記事でも書いたように、保温調理器を使ったり、沸騰後は、お布団や毛布でくるんむと、より省エネになります。

2011年3月24日 (木)

Scrambled egg miso soup/まぜまぜ卵味噌汁

I’ve heard about a charity event, where participants can learn energy-saving recipes.  The fee is 2,000 yen, and it’s to be donated to the victims of the earthquake.  My family and I were discussing if such event is appealing and if the price setting is appropriate.  My sister said, “For people like me who don’t like cooking, biting fresh cabbage is enough.”  That could be true, I mean, people wouldn’t be able to cook and they put anything edible in mouth at most.  Still, if we eat only cold dishes, our heart and body never get warmed.  Imagine that eighteen-year-old boy who just left their parents’ starts his own living wants to eat something warm within one minute.  That’s how scrambled egg miso soup comes.

Break and beat an egg in a bowl.  Add hondashi and miso, and mix them well with the egg.  Pour in boiling water, and gently stir.  That’s it. If you have something that you can just add to it, such as dried wakame, chopped green onion, and aosa etc, the soup will be better both in taste and nutrition.

節電レシピをテーマにしたチャリティ料理教室があるそうです。会費2,000円は、全額、被災者に寄付されるそうです。参加したいと思うか、価格設定は適切か、などを家族で話しているなか、姉は「私みたいに料理好きじゃない人は、キャベツかじっていればいい」と。確かに、非常事態では、物を口にするのが精一杯なこともあるだろうし、でも、冷たいものばかりを口にしていると心も体も温まらないし・・・と、一人暮らしを始めたばかりの大学生の男の子がほっとするものを1分で食べたくなったときのイメージが、まぜまぜ卵味噌汁です。

お椀に、卵をほぐし、ほんだしと味噌を混ぜ、そこに熱湯を注ぎ、混ぜるだけ。私はケミカルな味が好きではないので、普段はほんだしは使わず、料理に合わせた出汁を用意します。でも、非常時には、ほんだしは手軽です。乾燥わかめ、ねぎ、あおさなど、放り込むだけで具になるものを入れると、味、栄養価ともによくなります。また、味噌を醤油にすればすまし汁になりますし、もっと簡単にするなら、お吸い物の素でも作ってもいいです。

P1070489

2011年3月22日 (火)

Spaghetti aglio, olio e peperonchino アーリオオーリオぺペロンチーノ

In a state of emergency, we may not have enough foods and we may have to prepare with what is left.  If you have garlic, red chili and spaghetti, plus, if you can use electricity or gas, try spaghetti aglio, olio e peperonichino.  To save electricity or gas in boiling spaghetti, you can use “Shuttle Chef”.  If you don’t have it, wrap a pan with blankets or towels so that the energy can be saved and still the temperature can be maintained.

If you master spaghetti aglio, olio e peperonchino, which is very basic pasta, you’ll find it easy to cook other pastas.  Try spaghetti aglio, olio e peperonchino, referring the following tips, after this chaos is over.

·           Boil pasta with plenty of water and one percent of salt.  (For example, 3 liters of water and 30 grams of salt are necessary to boil 300 grams of pasta.)  Plenty of boiling water is not to lower the temperature, and one percent of salt is to add salty taste to pasta.

·           Cook pasta 1-2 minutes less than the time shown on the package.

·           Spiciness of red chili can be adjusted by using more pieces, by slicing, and by cooking well.

·           It takes more time that flavor of garlic is added to oil than red chili.  Garlic can be minced, smashed, or sliced.  Cooking time can be shortened if minced.  Garlic can be taken out if smashed or sliced (when you don’t want to eat it).

·           Never brown garlic, otherwise, it worsens the taste.

緊急時には十分な食料がなく、ありものでまかなうしかない場合もあります。もし、大蒜、唐辛子、スパゲティがあり、電気やガスが使えれば、アーリオオーリオペペロンチーノが作れます。スパゲティを茹でるとき、できるだけ電気やガスを使わないようにするには、シャトルシェフのような保温調理器を使ったり、なければお布団や毛布、バスタオルでくるんで温度を下げないようにします。そうすれば、余分な電気・ガスを使わないで済みます。

アーリオオーリオペペロンチーノは基本の基本のパスタで、これをマスターすれば他のパスタも作りやすくなります。ポイントを記載しておくので、この混乱が落ち着いたら、挑戦してみて下さい。

·           パスタを茹でるときは、たっぷりのお湯と1パーセントの塩を用意します。(例えば、300グラムのパスタを茹でるには、3リットルのお湯と30グラムの塩が必要です。)たっぷりのお湯はパスタを入れたとき、お湯の温度を下げないためです。塩はパスタに塩味をつけるためです。

·           パスタの茹で時間は、パッケージの表示時間より1-2分少ない時間にします。

·           唐辛子の辛さは、本数を増やす、スライスする、加熱することなどで調節できます。

·           大蒜は唐辛子より香りをオリーブオイルにうつすのに時間がかかります。大蒜は微塵切り、包丁の腹でつぶす、スライスするなどします。微塵切りにすれば、調理時間が短縮できます。つぶしたり、スライスすると、大蒜を食べたくないときによけることができます。

·           大蒜は絶対に焦がしてはいけません。味が悪くなります。

20080421

2011年3月20日 (日)

Growing leaf vegetables and salad/プランターで葉野菜の栽培&サラダ

I’m growing herbs and leaf vegetables in planters on the balcony.  It’s for the everyday cooking, but I found it convenient in such times.  Herbs are to add flavor and they’re not so useful in emergency.  But leaf vegetables are fast to grow, easy to take care of, and can be eaten fresh or cooked.  So, growing them would be one of the countermeasures we could.  I had carrot scraps from the decorative cuttings for kinpira the other day.  By cutting them into strips and mixing them with rocket salad, known as ruccola, growing in the planter, a simple salad is ready.  Green vegetables are, generally speaking, rich in calcium, vitamins, and carotene, which are essential for human body.

バルコニーでハーブや葉野菜を育てています。もともと普段の料理に使うために育てていますが、こういった災害時にも便利です。ハーブは料理に風味をつけるものなので、緊急時の食事にはそれほど使えるものではありません。葉野菜は、育ちが早く、手間もかからず、生でも加熱しても食べられますので、普段から葉野菜を育てておくと、緊急時には使えそうです。先日の金平で使った飾り切りした人参の切れ端を千切りにし、プランターで育てていたルッコラと混ぜただけですが、ありものでサラダができます。葉野菜は(ものによって多少違いますが)、カルシウム、ビタミン、カロチンなどが豊富で、これらは私たちの体には欠かせないものです。

P1070444_3 P1070454_3

2011年3月18日 (金)

Dried renkon and kinpira/干し蓮根と金平

I just came back from a business trip to China. As I knew I had to leave the coutnry two days after the earthquake, I didn’t buy anything while people were rushing to grocery stores and were buying foods for emergency.  So, when I came back, my fridge was empty, except two pieces of carrots.

An article of dried vegetables were uploaded before.  Using the dried renkon/lotus roots and the carrot, kinpira is cooked.  It took only ten minutes, which is good as it consumes little electricity or gas.  Making and stocking dried vegetables is also recommended.  They’re reconstituted by water, they can be used in such an emergency, they’re compact to stock, and nutritious values go up when they’re dried.

中国出張から戻ったばかりです。地震があった2日後には日本を経つことが分かっていたので、食料品を買いだめする人が多いなか、私は何も買っていませんでした。なので、冷蔵庫には2本の人参しかない状態。

干し野菜の記事を掲載したことがあります。まだ、野菜は干し続けていますが、その干し蓮根と人参を使って金平を作りました。10分で作れるので、電気やガスも少しですみます。干し野菜も作って保存しておくことをお勧めします。水で簡単に戻るので手軽ですし、かさが減るので保存も場所をとりません。干すことで栄養価も高くなります。調理ができる環境であれば、災害時にも重宝します。

人参は飾り切りをしましたが、災害時は適当に切ればいいです。飾り切りでできた野菜の切れ端は、後日、他の記事として掲載します。

Photo

2011年3月14日 (月)

Emergency foods/非常食

It’s just sad that over 10,000 people are still missing and not rescued.  They’re forced to survive without lifelines such as contacts with family and friends, information, light, heat, foods, water etc, and these are the ones to support their lives and spirits.  I’d like to share a bit about emergency foods for this occasion.  Please be reminded that this is not always correct, as I myself have never been exposed to such a disaster and there’re special needs for those who have chronic diseases like diabetes and kidney disease.

I would say that convenience and nutrition count for emergency foods.  Hardtack and ‘Calorie Mate’ are for sure convenient, but preparing ‘alpha-rice’ as emergency foods would be recommended.  Alpha-rice is the rice that is once steamed and then dried.  You can reconstitute it only by adding water.  Sometimes they’re sold as ‘Magic Rice’.

As to the nutrition, calories and balance count.  Efficiency, that is, small amount of consumption and high energy generation, would be important, so high calorie foods are better prepared.  Besides meals, chocolates, cookies and candies are nice to have.  It’s suspected that we tend to consume more carbohydrate from, let say, onigiri/rice ball, in the state of emergency.  Fat and protein, as other sources to generate energy and to build body tissues along with carbohydrate, should be included in emergency foods.  Also, we shouldn’t forget minerals that regulate physiological effects and vitamins that maintain health.  They work on our body functions.  As such nutrition works with a small amount of consumption, supplements would be a solution.

You can find them online shops, ‘Tokyu Hands’ and climbing gear shops.

まだ行方不明で救援にも及ばない方たちが一万人以上もいることに胸が痛みます。家族や友人との連絡、情報、明かり、暖房、食料、水など、人の生命と気力とを支えるものがない状態が続いていることの影響が心配です。ここで、非常食について少しだけ共有したいと思います。私は震災経験者ではないので実体験が伴っていないこと、糖尿病や腎臓病などの持病のある方には別の配慮が必要なことなどから、常に正しいとは限らないことは、ご理解下さい。

非常食には、手軽さと栄養が大事でしょう。乾パンやカロリーメイトも手軽ですが、「食べた」という実感とそこから生まれる気力という点からは、アルファ米のように普段の食事に近いものを用意しておくといいと思います。お米が炊き上がった状態を糊化、アルファ化といいます。アルファ米はそれを乾燥させたものです。災害時には、お湯が使えない状況も想定されるので、お水で炊きあがった状態に戻るアルファ米があります。マジックライスという名称で売られている商品もアルファ米です。

栄養については効率性とバランスでしょう。少量の摂取で多くのエネルギーを発生する、つまり、カロリーの高いものを用意します。食事以外にも、チョコレート、クッキー、飴があるといいでしょう。また、非常事態では、おにぎりなど炭水化物、糖質中心の食事に偏りがちになると思われます。脂質や蛋白質のようにエネルギー源にもなり、体の組織を作る栄養素が含まれた非常食を用意しておくといいでしょう。また、体の生理作用を調整する無機質、健康を維持するビタミンは体の機能に作用します。微量でも機能するので、サプリメントがあると便利だと思います。

これらはオンラインショップ、東急ハンズのようなお店、登山ギアを扱うお店などで買えます。私は学生の頃から山に登っていました。山行には、通常の食料とは別に、遭難などの万が一の事態に備え、上記のような行動食、非常食は必ず持って行きました。

2011年3月12日 (土)

Sign of life/無事です

Though I'm replying one by one, I'd like to take this opportunity to thank my friends both in Japan and abroad who sent me SMS and emails upon hearing about the earthquake and also those who may wonder if I'm okay. Although we may be miles and miles away each other, you can always find me here. It's a sign of life.

I had to walk home from my office in the evening, which took me two hours and a half. It was surely a long trip but rather heartwarming when I saw a notice at a restaurant. It says, “Please come in. Though we have only curry and rice, we offer you for free.” It was around seven or eight o’clock and people were hungry walking.

おひとりおひとりに返信させて頂いておりますが、地震のニュースを知り、即座にSMSやメールを下さった国内外のみなさんに、この場でもお礼を申し上げます。また、無事か?と思われているかもしれない方たちにも。お互い遠方でも、ここが私の生きているしるしです。

会社から自宅まで2時間半かけて歩いて帰りました。長い道のりでしたが、途中、レストランの素敵な張り紙に気付きました。「どうぞお入り下さい。カレーライスしかありませんが、無料です。」19時や20時頃で、空腹のなか歩いている人が多かったと思います。温かい心配りです。

2011年3月10日 (木)

Tiramisu alla frutta/苺のティラミス

Fruits sections at supermarkets are occupied by strawberries, which drives me to make something with them.  Tiramisu alla frutta is an arranged version of tiramisu, like matcha tiramisu.  It’s made light by using ricotta and yogurt, instead of mascarpone, and acacia honey, instead of sugar.  In summer, pineapple tiramisu can be made in the same way.

この時期、果物売り場は苺、いちご、イチゴです。これだけ苺を目にすると、何か作りたくなります。和洋折衷にアレンジされた抹茶ティラミスもありますが、これは季節のフルーツを使ったティラミスです。マスカルポーネの代わりにリコッタとヨーグルト、砂糖の代わりにアカシアの蜂蜜を使うことで軽い仕上がりになっています。同じ方法で、夏には旬のパイナップルを使ってパイナップルティラミスができます。

P1070347

2011年3月 9日 (水)

Atwater factor/アトウォーター係数

Atwater factor is the amount of energy generated per gram, when the three major nutrients (carbohydrate, protein, fat) are burned in the body.  The amount of calorie can be calculated using the factors; 4 kcal/g for carbohydrate, 4 kcal/g for protein, and 9 kcal/g for fat.  Let say, a 100-g doughnut contain 60g of carbohydrate, 7g of protein, and 12 g of fat.  Its calorie is;  carbohydrate (60g×4kcal) + protein (7g×4kcal) + fat (12g×4kcal) = 376kcal.  You can find nutrition information on the back of foods and calculate approximate amount of calorie.

アトウォーター係数とは、三大栄養素(糖質、蛋白質、脂質の3つで、エネルギーを発生する栄養素)が体内で燃焼するとき、1gにつき発生するエネルギーのことで、カロリー計算の目安になります。糖質は4 kcal/g、蛋白質は4 kcal/g、脂質は9 kcal/gです。例えば、ドーナツ100gに炭水化物60g、蛋白質7g、脂質12gが含まれているとします。そのカロリーは、糖質(60g×4kcal+ 蛋白質(7g×4kcal+ 脂質(12g×4kcal= 376kcalとなります。食品には栄養成分表示がされていますから、係数を使って簡単におおよそのカロリーを出すことが出来ます。

2011年3月 7日 (月)

Cannelloni agli asparagi/アスパラガスのカンネッローニ

Markets are now full with spring vegetables and fruits.  Spinach would be the most popular for cannelloni, however, I did it with asparagus as it’s in season.  To simplify the steps, dried lasagna, instead of fresh pasta, and cream and Parmigiano-Reggiano, instead of béchamel sauce, are used.

春のお野菜や果物がいっぱい並ぶようになってきました。カンネッローニといえば、ほうれん草が定番ですが、旬のアスパラガスで作りました。カンネッローニは一見、手間がかかりそうですが、生パスタの代わりにラザニア用の乾燥パスタ、ベシャメルソースの代わりに生クリームとパルミジャーノを混ぜたものを使えば、意外と簡単にできます。週末のひとりランチに作ったぐらいですから。

P1070320 P1070336

2011年3月 5日 (土)

Quiche/ほうれん草のキッシュ

Quiche is a local food in Alsace, France.  Though eggs, cream, cheese (Gruyère or Emmental would be good), ground meat, and vegetables are standard materials, it can be arranged as you like.  For example, using soybean milk, instead of cream, will make the dish healthier.  Quische lorraine is, as the name says, from Alsace-Lorraine and you need cream and bacon (or, plus onion).

日本でも人気のキッシュは、もともとはフランスのアルザス地方の料理です。卵、クリーム、チーズ、挽肉、野菜などが主な材料ですが、いかようにもアレンジできます。例えば、クリームの代わりに豆乳を使えば、多少はヘルシーなキッシュができます。チーズはグリュイエールやエメンタールがいいと思います。また、キッシュロレーヌは、その名の通り、アルザスロレーヌ地方のもので、クリームとベーコン(人によっては玉葱も)を使います。

Photo_4

2011年3月 2日 (水)

Fish maw soup/フィッシュマウ(魚の浮袋)スープ

Fish maw is a popular material for Chinese cuisine, therefore you’ll find it easily at Chinese grocery stores.  It has a spongy texture and bland taste.  It is mostly used in Chinese soups.  You need to soak it in hot water to reconstitute before using.  It was my very first time to cook the fish maw.

魚の浮袋と言うとぎょっとしますが、中国料理ではよく使われる食材です。中華食材店には必ずありますが、私は買ったのも使うのも初めてです。乾燥していて、表面は油でベトベトしています。スポンジのような食感で、味はありません。スープに使われることが多く、使う前は、お湯で戻します。

P1070316 Fish_mau

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »