« Senmai-zuke/千枚漬 | トップページ | Alfonsino/金目鯛 »

2011年2月 9日 (水)

Hatsu-uma and Inari-zushi/初午と稲荷寿司

Hatsu-uma is the first day of cow in February (9th February this year).  Festivals are held on Hatsu-uma across the country at shrines that Uganomitamano-kami is enshrined.  Inari, or Uganomitamano-kami, is the Japanese god/goddess (gender not known) of agriculture and fertility and one of the principal gods and goddess of Shinto.  There’s a custom that fox is regarded as its servant and deep-fried tofu and dumplings are served. Deep fried mice was thought as foxes’ favorite food and used in hunting them.  Serving deep-fried tofu at Inari shrines comes from it.

The photo (down) is Kazari-inari, arranged versions of Inari-zushi (up).  This Kazari-inari is covered in my Sushi Club course.

2月の最初の牛の日が初午で、日本各地の稲荷神社で祭りが行われます。稲荷神の信仰は、農耕を司る倉稲魂神(うがのみたまのかみ)を祀って五穀豊穣や福徳を祈願するものです。狐を稲荷神の使いとして、油揚げを供えたり、初午団子を作る風習もあります。狐の好物は鼠の油揚げとされていて、狐を捕らえるときに使われ、そこから、豆腐の油揚げがそなえられるようになったそうです。

写真(下)は飾り稲荷で、稲荷寿司(上)をアレンジしたものです。全6回で様々な寿司を学ぶSushi Clubの1レッスンとして提供しています。

Photo P1030488

« Senmai-zuke/千枚漬 | トップページ | Alfonsino/金目鯛 »

Japanese/日本料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444418/38571241

この記事へのトラックバック一覧です: Hatsu-uma and Inari-zushi/初午と稲荷寿司:

« Senmai-zuke/千枚漬 | トップページ | Alfonsino/金目鯛 »