トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

Bruschetta al pomodoro, pasta alla trapanese, and lemon & honey marinade/ブルスケッタ・アル・ポモドーロ、パスタ・アラ・トラパネーゼ、レモンと蜂蜜のマリネ

The rest of the grape tomatoes are prepared as below; bruschetta al pomodoro, pasta alla trapanese, and lemon & honey marinade. The tomato mixture is wide in usage; not only for bruschetta but also for pasta, sauce for cutlet and deep-fried fish, and topping for salad.  Pasta alla trapanese is a dish from Trapani in Sicily.  You need almond, garlic, basil, pecorino romano and olive oil for the sauce, and the pasta can be short one such as penne rigate.  For the marinade, lemon juice is used instead of vinegar, as I don’t like its sharp sourness.  Apple vinegar will be good as well.

残りのミニトマトは、下の写真の通り、ブルスケッタ・アラ・ポモドーロ、パスタ・アラ・トラパネーゼ、レモンと蜂蜜でマリネにしました。ブルスケッタのトマトソースは、パスタに和えたり、カツレツや魚のフライのソースにしたり、サラダの上にのせたり、使いみちが多いです。パスタ・アラ・トラパネーゼはシチリア島トラーパニの料理で、ソースにはアーモンド、大蒜、バジル、ペコリーノロマーノ、オリーブオイルを使います。パスタはロングじゃなくても、ペンネリガーテのようなショートでもいいです。マリネは、酢のきつい酸っぱさが得意ではないので、レモン汁を使いました。檎酢もまろやかなので使えそうです。

P1060729_2 Pasta_alla_trapanese_2 P1060710_2

2010年12月29日 (水)

Grape tomato/ミニトマト

These grape tomatoes are from Shizuoka.  They’re so shiny, fat and sweet, though they’re harvested now in mid winter.  I’ve never had such beautiful ones even in summer.  Half of the box was eaten immediately with my friends.  The dishes using them will be uploaded soon.

先日、とても美しく、美味しいミニトマトを大量に頂きました。旬の時期でも、こんなにハリがありツヤツヤしたものを見たことがありません。写真で伝わればいいのですが、ひと粒ひと粒がはちきれそうにパンパンです。静岡で作られているそうです。半分は、即、仲間でそのまま頂きました。このミニトマトを使った料理は、まもなくアップロードします。

P1060690

2010年12月28日 (火)

Lemon cream cake/レモンクリームケーキ

If you have enough lemons and don’t know what to do with them, I recommend making lemon curd.  It’ll be good for six months, preserved in a sterilized bottle and kept in a fridge.  Mix it with crème chantilly (whipped cream), then lemon cream cake can be made very quickly.

レモンが多くあるときにレモンカードを作っておくと便利です。殺菌消毒した瓶に入れ、冷蔵庫で半年ぐらいはもちます。クレムシャンティと混ぜて、スポンジにはさむだけであっという間にレモンクリームケーキができます。

P1060660

2010年12月27日 (月)

Scallop and egg plant tartare/帆立と茄子のタルタル

This was one of the menus from the girls’ night “in” dinner.  Scallop is mixed with grilled egg plants and boiled broccoli.  I learned the dish when I was on practice at a cookery school’s restaurant.  Presenting foods is the art.  Power your creativity, then you can make nice presentation; making a shape using a cercle, layering in a glass, serving in a citrus cup etc.  Just a thought.

これも女子会ディナーの一品。帆立、焼き茄子、ブロッコリーを合わせたタルタルで、レストラン実習のとき知ったものです。出し方次第で、アミューズにもオードブルにもなります。食事のプレゼンテーションは一種のアートだと思います。セルクルで型抜きしたり、グラスにタルタルの層を作ったり、柑橘を飾り切りしたカップに入れたり、想像力を働かせます。

P1060662 P1060684

2010年12月26日 (日)

Roast stuffed chicken/スタッフドチキン

My friends and I had a girls’ night “in” at my place. I invite my friends home for dinner time to time, and I love to cook for them.  The girls’ night “in” just happened on Christmas, so I wanted to cook something that I usually don’t.  Two years ago I had a chance to learn the recipe from a retired chef who used to work at a French kitchen in Nagoya’s historic and renowned hotel.  Why I say “retired” and “historic and renowned” is because of his cooking.  It’s been already a couple of decades since nouvelle cuisine became mainstream in French, still, the retired chef’s is very traditional with lots of cream and butter.  Yes, heavy French.  He was so happy with my request, and we spent two days to prepare for the chicken.  He even let his staff to take care of the sauce (using materials from the restaurant fridge!) for a whole day.  With a professional oven in the restaurant and lead by the experienced chef, the one two years ago was much better than this year’s.

たまたまクリスマス当日となった我が家での女子会。こんな日なんだから、いつもと違うものをと思い、メインにしたのがこのチキン。2年前、名古屋の由緒あるホテルのフレンチレストランで腕をふるっていたシェフから習う機会がありました。軽く量も少なめのヌーベルキュイジーヌがフレンチの主流になって数十年になりますが、先生のフレンチは、たっぷりのクリームとバターを使う伝統的な超重フレンチ。私のリクエストをご快諾頂き、2日もかけて指導を受けたことがありました。職権乱用?で、キッチンで働く人に、一日中ソースの世話までさせて・・・。先生のリードと業務用のオーブンのお陰で、やっぱり、2年前のローストスタッフドチキンのほうが出来栄えは良かったです。

20081210_3_2 P1060693_3

2010年12月25日 (土)

German potato salad/ドイツ風ポテトサラダ

I don’t prefer “Japanese” potato salad, that is, boiled potato mixed with fresh vegetables like cucumber and seasoned with mayonnaise.  My family used to have western-style of breakfast on Sundays and my mother often made such potato salad.  She sometimes put apples (not a good idea!), and I didn’t like the combination of boiled and fresh ingredients and bread and potato (too much carbohydrate!).

For this German potato salad, you boil potato, then mix with grilled bacon, chopped onion and pickles, season with soup stock, wine vinegar and mayonnaise, and let it sleep.  This is the potato salad I like.  And, just to avoid misleading, my “roots” of Japanese cooking is my mother’s and she’s the best cook.  Roots of Project Roots is her cooking, what she cooked for us.

日本でよくあるポテトサラダは好みではありません。家族と暮らしていた頃、我が家の日曜日の朝食はパンで、母はおかずとしてポテトサラダをよく一緒に出していました。林檎を入れることもあり(私的にはあり得ない!)、私はこのポテトサラダも、パンにじゃがいもという組合せ(炭水化物に炭水化物!)も好きではありませんでした。

このドイツ風ポテトサラダは、じゃがいもを丸ごと茹で、玉葱、ピクルス、カリカリに焼いたベーコンと混ぜ、ブイヨン、ワインビネガー、少量のマヨネーズを加え、落ち着かせます。これが私の好きなポテトサラダです。あと、母の名誉のために・・・。私の和食と料理のルーツは母の家庭料理ですし、普段の生活のなかで多くを学びました。母の家庭料理がProject Rootsのルーツです。

P1060650_2

2010年12月23日 (木)

Advent cookies/アドヴェントクッキー

This is a seasonal and handmade gift from my student – a box of advent cookies!  It was filled with Lebkuchen, Floretiner, Vanillekipferl, and much more.  She gave me the same cookies last Christmas, and I loved them all.  I appreciate her kind thoughts.

生徒さんから頂いた手作りのアドウェントクッキーです。レープクーヘンなど色んな種類のクッキーの詰め合わせで、どれもドイツ(彼女はオーストリア人だけど・・・)の風味たっぷり。去年も同じ心遣いを頂きました。

P1060616

2010年12月21日 (火)

Sabji and pulao/サブジとプラーオ

A friend of mine, who is married to an Indian, kindly set me up an Indian cooking lesson while her mother-in-law was visiting Japan this summer.  The biggest learning was how different types of spices can be mixed, and I hardly use commercially available curry roux since then. In India, what we foreigners say “curry” is called sabji, and there’re so many kinds of sabji, depending on what spices and ingredients are used.  Pulao is pilaf.  It’s cooked with cardamom, cumin, cinnamon, clove and tomato.

今夏、インド人のお母さんからインド料理を習う機会がありました。インド料理は多くのスパイスを使うけど、どう組み合わせていいのか分かりませんでしたが、いくつかの事例を知っただけでも大きな成果でした。それ以来作るカレーに、市販のルーはほとんど使っていません。インドにはカレーはなく、私たちが“カレー”と呼んでいるものは“サブジ”で、スパイスの組み合わせや具材によって様々なサブジがあります。プラーオは炊込みご飯のことで、スパイスはカルダモン、クミン、シナモン、クローブを使っています。とてもエキゾチックな仕上がりになります。

P1060606

2010年12月20日 (月)

Mochi/餅

There should be more proper translation for mochi/rice cake.  Anyway, the community I live had a charity mochitsuki/rice-cake making yesterday.  I love freshly-pounded mochi, and every year I suggest my family to make mochi with mortar and pestle as one of our New Year’s family activities, but it has never come true.  For the fresh mochi, sweet ones with kinako/soybean powder or anko/sweet bean paste are good, but I think the one with grated daikon/Japanese radish and soy sauce is the best.

日曜日の午後、自治会で餅つき大会がありました。お餅も餅つきも大好きです。お正月の家族の催しのひとつとして“家族餅つき大会”を毎年提案しているのですが、実現したことはありません。きな粉やあんこもいいけど、つきたてのお餅には大根おろしとお醤油が最高に美味しいと思います。

P1060609 P1060612

2010年12月19日 (日)

Dried vegetables and Kiriboshi daikon/干し野菜と切干大根

For these months, since it’s getting chilly and dry, I’ve been so into making dried vegetables.  Many vegetables, various kinds of mushrooms, daikon/Japanese radish, zucchini, renkon/lotus roots, broccoli etc, are dried out. Upon a request from my student, I’ve prepared for kiriboshi daikon, using my products, to include the dish for her lesson.  Nutrition and flavor increase when vegetables are dried, and they can be stocked and cooked anytime.

秋から干し野菜にはまっています。きのこをはじめ、色々な野菜を干し続けています。生徒さんからのリクエストで、切干大根を冬のレッスンに入れることになり、作った干し大根を使い、作ってみました。

P1060503 P1060600

2010年12月18日 (土)

Ankou-nabe/鮟鱇鍋

Ankou/blackmouth goosefish is a winter delicacy.  There’s a well-known Ankou-nabe restaurant in my neighborhood.  It’s so popular that it’s hard to make a reservation, however, we’re lucky to sneak in the slot that someone canceled.  It was sooooo yummy! 

鮟鱇鍋の季節です。我が家の近所には、鮟鱇鍋で有名なお店があります。なかなか予約が取れない店ですが、運よく、キャンセルされたところに潜り込むことができました。日本人的には、ほっとする味でした。

111

2010年12月17日 (金)

Brown bread/黒パン

Since brown bread is not so popular here in Japanyou have to know first of all where you can buy it, and then, you have to find your favorite bakery.  Or, you bake it by yourself, as I did the other day.  All-in-one package to make brown bread seems to be common in Europe, and it was the last remaining package that was stocked.  I’ll definitely look for it next time when I visit there next time.

私は白いパンよりずっしりとした黒パンが好きですが、日本ではあまりありません。美味しいベーカリーに出会うか、自分で作るかでしょうか。ヨーロッパでは黒パン用の粉とイースト菌がパッケージになったものが売られているようです。頂いたものがこれでもう無くなったので、次回、ヨーロッパに行ったときには必ず調達してきます。

P1060569

2010年12月16日 (木)

Khao Pad Kra Prao Gai/ガパオ

My friend and I recently had a dinner at a Thai restaurant.  The restaurant was my choice.  I tend to pick up a restaurant that offers something better eat there.  For example, it’s too much for me to spend three hours only to cook sauce for French, or I don’t want to run around looking for ‘right’ materials for Thai. Still substitute is a solution, like the Khao Pad Kra Prao (fried rice with Thai basil) that I cooked.  Ground chicken is common, but I used shrimps instead, and sweet basil that grows in my box garden.

先日、友人とタイ料理を食べました。私がレストランを選ぶときは、外で食べたほうが美味しいものを選ぶ傾向があります。タイ料理は、独特の香草や調味料が必要ですが、代用品で作るのも一手です。ガパオは鶏の挽肉を使いますが、むき海老を使い、タイバジルはプランターで育てているスイートバジルで作りました。

P1060563_3

2010年12月14日 (火)

Italian vegetable 4: Chippoline/イタリアの野菜4:チポリーネ

The portion my father sent me was too small to cook.  The photo is one of the recipes from my summer training.  The antipasto is cipolline agro dolce, and as it says, chipolline in sweet-sour sauce.

父が送ってくれたチポリーネは料理するほどの量ではありませんでした。写真は、チポリーネを使ったアンティパストで、夏に習った一品です。その名のとおり、甘酢漬けです。

P1050733

2010年12月12日 (日)

Italian vegetable 3: Finocchio romanesco/イタリアの野菜3:根セロリ

I’m not so familiar with how it’s to be prepared, as green long one is more popular and you have to look for if you need this type of celery in Japan.

I made a salad with anchovy, garlic, olive oil and wine vinegar.  Its green needle leaves and pink peppers turned out to be like Christmas on a dish.  Simple and yummy.

日本では根セロリは探さないとなく、私はこのタイプのセロリを調理した経験は少ないです。とりあえず、冷蔵庫にあるもので一品。アンチョビ、大蒜、オリーブオイル、ワインビネガーで和えたサラダです。飾りの葉とピンクペッパーでクリスマスチックになりました。

P1060554_2

2010年12月11日 (土)

Furofuki daikon/ふろふき大根

The parcel that my father sent me had two daikons/Japanese radishes that he grew in his garden.  That was the same week that I had already bought two at a near-by supermarket.  While I thank him, I stood up in the kitchen, wondering what to do with them.  To prepare for furofukidaikon, it’s known that peeling the skin thick and cooking sliced daikon first with togijiru/water used to rinse rice.  This is a tip; immerse the cooked daikons in running water, then they become translucent.  Also, don’t throw away the skin.  Cut them into proper size, and mix with sliced konbu/dried kelp, mirin/sweet rice wine, sake, soy sauce and vinegar for palate freshener.

セールの大根2本買った週に、実家から届いた宅急便のなかに、家庭菜園で育てた大根2本。あらまぁ。

ふろふき大根の大根を透明にするには、米のとぎ汁で炊くだけでなく、流水にしばらくさらすと透明度が増します。厚くむいた皮も、適当な大きさに切って、刻んだ昆布、味醂、酒、濃口、酢と混ぜておけば、即席の漬物になります。

P1060539_3

2010年12月10日 (金)

Italian vegetable 2-2: Bietola/イタリアの野菜2-2:ビエトラ

One more dish, a contorno (side dish), using bietola.  Boiled bioetola dressed with olive oil and Parmigiano-Reggiano.

ビエトラを使ったコントルノ(サイドディシュ)。塩茹でしたビエトラにオリーブオイルとパルミジャーノを和えたものです。同じ材料で炒めてもいいです。ほうれん草と同じで、えぐみをなくすために下茹でするといいです。

P1060531_3

2010年12月 9日 (木)

Italian vegetable 2-1: Bietola/イタリアの野菜2-1: ビエトラ

Though it’s translated and regarded as the same as Fudan-so in Japanese, it seems to me that Komatsu-na is more appropriate.  Using what I have in my fridge, I was going to cook a Turkish dish, Kıymalı Pazı, but it’s ended up with like an Italian after all by using faro instead of bulgur wheat and seasoning with tomato paste.  Grated Parmigiano-Reggiano for the topping would’ve increased the flavor.

ビエトラは日本では不断草とされていますが、小松菜がいちばん近い野菜だと思います。冷蔵庫にあるものでトルコ料理(Kıymalı Pazı)を作る予定が、オリジナルの材料を代用品にしていたらイタリア料理になってしまいました。

P1060520_2

Italian vegetables 1/イタリアの野菜 1

When I visited Tuscany this summer to take a two-week culinary lesson, I brought back some vegetable seeds that are common there but not in Japan.  My father grew them in his farm and some were just arrived.  They’re bietrola, finocchio romanesco and chipoline.

今年の夏に2週間、トスカーナでイタリア料理のプチ修行に行ってきました。日本ではほとんど見ない、でも、イタリアではよく使われる野菜の種も買って帰り、父に育ててもらっていました。順に、ビエトラ、フィノッキオロマネスコ、チポリーネです。

P1060514 P1060509 P1060511

2010年12月 5日 (日)

Best Food of the Year : Onigiri konbu/おにぎり昆布

Since I came across this onigiri konbu in killing time between appointments, I’ve been so fascinated with the idea and taste.  This is a product from Hokkaido.  This sheet of konbu/dried kelp is a substitute of for nori/dried seaweed for onigiri/rice ball.  I have yet tried, but this should be good for maki-zushi/rolled sushi.  You can find it at a Hokkaido’s antenna shop in Yuraku-cho Denki Building.  The price is 399 yen/package.

時間つぶしの間にたまたま見つけた“おにぎり昆布。有楽町の電気ビルにある北海道のアンテナショップにありました。海苔の代わりにおにぎりに使います。きっと巻き寿司や軍艦寿司に使っても美味しいはずです。

P1060506

2010年12月 3日 (金)

Bocchan kabocha/坊っちゃん南瓜

Kabocha/pumpkin is a generous vegetable.  It can be cooked in many ways; simmered, grilled, stir-fried, deep-fried, steamed, and you can make so different dishes from soup to desserts.

This is pumpkin crème past served in a Bocchan kabocha cup.  Microwave a whole pumpkin to make a cup, and you need onion, pancetta, white wine, cream and mashed pumpkin for sauce.  It can be short or long for pasta.  Cover the top with Parmigiano-Reggiano and brown it with kitchen torch.

南瓜は天才食材です。色んな調理法が可能ですし、ご飯のおかずだけじゃなくてスィーツまで作れます。八百屋で坊っちゃん南瓜が目にとまり、丸ごと器にして南瓜のクリームパスタを作りました。クリームソースには、玉葱、パンチェッタ(ベーコン)、白ワイン、南瓜のペースト、生クリームを使っています。パスタはショートでもロングでもいいです。トップにはパルミジャーノを削り、バーナーで焦げ目をつけています。

P1060472_2 

2010年12月 1日 (水)

To begin with/はじめに

16 months have passed since I came back to Tokyo to restart my life both in career and private.  My weekend project started then, and its bottom line was, is, and will surely be “sharing”.  That’s how I reached the decision to close my private blog and replace it to the one for Project Roots.  I know by experience that blogging requires continuous work and consume energy, but “act first, and then reflect” is the path I always take.  It won’t be changed that the project prioritizes in the Japanese cuisine, however, anything about food will be shared here.

東京に戻り、生活の立て直しを始めて16ヶ月が経ちます。週末のプロジェクトも同時に始まりました。その根底にあるのは“分かち合うこと”に今後も変わりなく、今までの内省録を閉じ、Project Rootsのブログを始めようと思ったのもその一環です。ブログを続けるのは大変ですが、いつも通り、“まずは動いてみる”で始めてみます。Project Rootsのコアは日本料理ですが、ここでは食に関するあらゆることを共有していきます。

トップページ | 2011年1月 »